プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

『岸田森 夭逝の天才俳優・全記録』 武井崇

岸田森2
『岸田森 夭逝の天才俳優・全記録』 著・武井崇 
2017年5月初版、洋泉社発行。

俳優 岸田森(きしだしん)1939-1982年。
ワイズ出版から2000年に発行された『不死蝶・岸田森』(編者:小幡貴一、小幡友貴)は、岸田森ファン必読のたいへん面白い読み物でしたが、今度はついに『全記録』の登場です。 

『岸田森 夭逝の天才俳優・全記録』は武井崇さん(65年生まれ)がまとめ上げたもので、あとがきに「1999年に発売した自費出版誌『岸田森全仕事』の商業出版化を目指したもの」とあります。
なんと岸田森さんを追い続けて20年の歳月が…、という力作労作を超えた決定版的な一冊。図書館で借りてきました。

中身はタイトルに偽りなしの全記録そのもの。なにしろ700頁を超えるボリュームで、読み始める前に暫しの間、オモテから裏から写真からと本を眺めまわしていました。
前半(300頁ほど)は友人・関係者への膨大な取材に基づく岸田森物語、
後半(400頁ほど)は全出演作品のデータと解説。
データと解説で400頁!と驚きますが、「傷だらけの天使」ひとつとっても全26話の一話毎のスタッフ・出演者・物語・解説を詳細に記録。加えて当時の芸能雑誌に載った小さなゴシップ記事までも網羅。正に執念ともいえそうな気の遠くなるような圧倒的な情報量です。
森さんの当時のインタビューはあまりありませんが、2012年にお亡くなりになった岸田蕃さん(実のお兄さん)の貴重なインタビューを掲載。

岸田森、没後35年「こんなに詳しく書かれても忘れちゃったよ」なんて、とぼけながらもやさしく笑ってるんじゃないかなと思います。
本当に魅力あふれる俳優でした。

sri.jpg
『怪奇大作戦』 第25話「京都買います」の名シーン、
共演の斉藤チヤ子さんと。

ザ・バーズ 『イージー・ライダー』

the byrds
ザ・バーズ 『イージー・ライダー』 1969年リリース。

映画『イージー・ライダー』は本国アメリカでは69年、日本は70年に公開されたそう。リアルタイムでは知らないし、はじめて見たのは少年時代のテレビ放送。休日にやっていた「なんとか洋画劇場」みたいなやつ。
ピーター・フォンダの名前は知っていたけどジャック・ニコルソンなんて知らなかった。カッコいいチョッパーのポスターは欲しかったけど、あんなラストだなんて知らなかった。争いごともフリーダムもヒッピーもドラッグもさっぱりわからなかった。
そんな映画『イージー・ライダー』は今もそれほど好きな部類の映画ではないんですが、それでもステッペンウルフの「The Pusher」と「Born to be Wild」ではじまるサントラの音源はしっかり持っていたりして、好きではないと言いながらもどこかしら好きなんだろうなと思ってます。

アルバム『イージー・ライダー』はバーズの8作目。名作『ロデオの恋人』あたりに比べると人気はチト落ちるみたいですが…。
アナログ盤の11曲にボーナストラックを7曲追加。
映画『イージー・ライダー』のラストに流れるディランとマッギンの共作『イージー・ライダーのバラッド』ではじまる。あのラストシーンと重なりますが、それでもいい曲。ボーナストラックにロングヴァージョン(といっても2分半ですが)も入ってます。
お得意のディランのカバーは「It's All Over Now, Baby Blue」。これが見事にどカントリーな気だるいアレンジで聴きもの。この曲は多くのミュージシャンがカバーしてますが、その中でもベストのひとつかなと思います。
時代が時代なもんで、オリジナル盤のラストはアポロ11号の打ち上げ音をコラージュしたアームストロング船長ら乗組員への賛歌で終わります。

いま60年代の音楽は全て半世紀前の音楽になりつつありますが、この先もまだまだ聴き続けることに変わりなさそうですね。

ザ・デュークス・オブ・ストラトスフィア『チップス・フロム・ザ・チョコレート・ファイアボール』

dukes.jpg
ザ・デュークス・オブ・ストラトスフィア
『チップス・フロム・ザ・チョコレート・ファイアボール』 1987年。

XTCの変名バンド「ザ・デュークス・オブ・ストラトスフィア」がリリースした85年のミニアルバム(6曲)と87年のフルアルバム(10曲)をまるまる収録したお得盤。
リリースは30年前、でもやってることは60年代のサイケロック。
音楽大好き人間アンディ・パートリッジが大大大好きな時代のロックを蘇らせたようなアルバムで、本家XTCより売れてしまったという話も…。制作時期が「スカイラーキング」前後というのも興味深い。

アルバムコンセプトは「倉庫の奥に眠っていた60年代の古いテープ」。
長い間止まったままの屋根裏の古時計のゼンマイを巻いたら、なんとコチコチ動き始めた。そんな60年代にタイムスリップするようなSEではじまる。
あの時代のロックに詳しいほど、元ネタがわかるマニアほど面白く聴けるんだろうと思います。ちょっと聞くとサイケ時代のビートルズだったりストーンズだったりビーチボーイズが出てきたりと。まあホントはもっと二重底、三重底の仕掛けがこれでもかと満載のアルバムと思いますが、そのあたりの突っ込んだ話はよくわかりません。でもとにかくイカした音がいっぱい、飽きのこないアルバムです。

ブリンズリー・シュウォーツ 『HENS' TEETH』

hens teeth (1)
ブリンズリー・シュウォーツ 『HENS' TEETH』 98年編集盤。

ニック・ロウ初期のレア音源をまとめた1枚。
邦題は『アーリー・ワークス・オブ・ニック・ロウ』。
このバンドはあまり知らなかったのですが、ニック・ロウが在籍していたということで「ヘェ~」と思って図書館で借りてきたものです。
全22曲、レア音源集ということですがお馴染みのビートルズナンバーもアレコレやってます。ニックロウいわく「恥ずかしくていまさら世に出せないよ」というものも含んでるらしいけど、とてもポップでゴキゲンなアルバムです。もう廃盤みたいですが。

ところで話は変わりますが、たまにウォーキングなるものをやってます。「たまに」というのは、空模様と気分次第で時間もまちまちです。
信号とアップダウンの少ない3kmの近所一周コース。服装も本格的なランニングウェアではなく、くたびれたTシャツと短パンスタイル。
煙草もサイフも持ちませんが自販機用にポケットにジャラ銭を。チャリンチャリン鳴ってます。
途中に川も海も見えませんが、遠くに稜線がうっすら見えます。山と向き合って禅問答ならいけるかもしれません。

で、ここでの課題は歩きながら何を聴こうかなのです。音楽など要らないという硬派なウォークもいいのですが、聴きながらの方が幾分ピッチが上がるような、たぶん気のせいですがそんな気がします。
かと言ってこれぞロックの王道みたいな名盤は似合わないし、前置きの長いもったいぶった名曲もいただけません。とりあえず歩調に合いそうな曲を適当に選んでジョギング用のウォークマンに入れてます。
普段聴いてる親しみのある曲よりも、いままでスルーしていた曲の方が意外にいい感じに聴こえるのが新鮮です。ずっと苦手でありましたカーペンターズの「There's a kind of hush」あたりは何故かしっくりきます。
もちろんこのブリンズリーのアルバムからも何曲かウォークマンに入れました。せーので一発録りしたようなラフな演奏がいい。遠くでヒグラシも歌ってます。

007ドクター・ノオ(サントラ盤)

007_20170813133634f6e.jpg
007シリーズ第一作、ドクター・ノオ(サントラ盤)。

近所の中古盤店で、全品100円の投げ売りワゴンを漁って見つけた1枚。
この手のやつは、聴いてみたいと思っていても定価ではなかなか手が出ません。なので「もってけドロボー」的に展開している処分品を見つけたときが「買い時」です。まあレトロなジャケットだけでも100円の価値あり、なんて思ってますが…。

2分前後の短い曲が18曲。あのテーマ曲でカッコよくはじまりますが、ドクター・ノオの舞台がジャマイカってこともあってか、全編とても南国ムードがいっぱいです。古いラジオから流れてくるような楽園トロピカルな曲ばかりで「こんなだったっけ?」なんて思いながらも気に入って聴いてます。このアルバムの収録曲が実際に映画の中で流れていたかどうかはあやしいところですが、そのへんの細かいことはわりとどうでもいい感じで聴けます。

邦題は『007は殺しの番号』、日本公開は63年6月だったそう。
ショーン・コネリーは1930年生まれというから撮影時はまだ32歳かな、もっとオヤジに見えました。今でもショーン・コネリーが出てるよっていわれると観たくなる、カッコいい俳優ですね。
お隣のべっぴんさんは初代ボンドガールのウルスラ・アンドレス(ハニー・ライダー)。

ウォーカー・ブラザーズ/Gala(ベスト)

gala 1
ウォーカー・ブラザーズ/Gala(ベスト)、1986年編集盤。

マイブーム的にウォーカー・ブラザーズが気になって初期(65~67年)のベスト盤を聴きなおしてます。
当時の熱狂ぶりは知らないけど、日本でもビートルズと並ぶアイドルグループとして大人気。68年には(もう解散していたにもかかわらず)武道館ほか全国5つの会場でサヨナラ公演をやったそう。

ベスト盤はいろいろ出てるようですが、写真のは16曲入り。
「ダンス天国」「孤独の太陽」「涙でさようなら」「心に秘めた想い」ほか主なものはだいたい入ってるのかなと思います。
気分で選ぶ今日の1曲なら、
「太陽はもう輝かない」(The Sun Ain't Gonna Shine Anymore)
フィル・スペクターっぽいサウンドにスコット・ウォーカーの低く太い歌声は暑くけだるい夏にいい感じに鳴ってます。

   ---------------------------------------------------------

もう一枚、こちらは入手困難で持ってないのですが、78年再結成時のアルバム『ナイト・フライツ』
初期のウォーカー・ブラザーズとはまったく変貌した刺激的なサウンドで、当時イーノが惚れまくってボウイにも聴かせたという(タイトルナンバーは後にボウイがカバーしてる)。
    nite flights (1)
『ナイト・フライツ』はYouTubeに丸ごとアップされてます。でも以前からCD欲しいなと思って、安価なやつを見つけたら買おうと思ってます、なかなか出会えませんが。
昔のハードボイルド映画のポスターみたいなジャケットがカッコいい。

『Pacific』 オムニバス盤

pacific (1)
『Pacific』 1978年リリース。

80年前後にCBSソニーが「サウンドイメージシリーズ」というフュージョン物をリリースしていた(全部で6枚)。
その第一弾がこの南太平洋の島々を音で綴った『Pacific』でした。
いつの日にかこんなとこに行ってみたいというジャケットであります。

細野晴臣、鈴木茂、山下達郎が曲提供。浅井慎平のポスターが付いてそこそこ話題になってまずまずの好セールスだったように記憶してます。
所詮企画モノではありますが、南洋に浮かぶナントカ諸島を地図上で眺め、行くならせいぜい東海汽船で伊豆七島止まりの身にとっては、とても楽園トロピカルなアルバムでした。
ふた昔前の旅行会社の販促用BGMっぽい雰囲気もありますが、時代は永井博や鈴木英人のイラストが大人気のころ。これはこれでバッチグーだったんですね。

そんなわけで梅雨も明けて夏本番、久しく聴いてませんでしたが、かき氷でも用意して波の音も涼しげな山下達郎の「ノスタルジア・オブ・アイランド」を聴いてみましょう。この曲はPartⅠ~Ⅱの二部構成で10分近くありますので、かき氷と奮闘する時間と合います。
かき氷は流行りの口の中でフワフワ消えちゃう高級なやつより、ガリガリの氷に安いシロップでお願いします。この夏はレモン味がオススメです。
食べ終える時間を勘案しつつ、曲のエンディングとピタリ合わせるのが最良の聴き方となりましょう。
しばしの間クーラー止めて窓全開。できればクリアなCDよりも使い古しのカセットテープが気分です。

ロイ・オービソン 『ゴールデン・デイズ』

roy.jpg
ロイ・オービソン『ゴールデン・デイズ』、2001年編集のベスト盤。

映画でも音楽でも見聞きする前に何かしらの予備知識が入ってしまうものですが、87年公開の映画『ブルー・ベルベット』は例外的に主役が誰でそれがどんな映画なのか、何も知らないまま観ました。

何度も観たという方も気分が悪くなったという方も少なくないと思いますが、異常に怖く不気味で非道な裏側を覗き見る、過激な映画。
願わくばお近づきになりたくない登場人物ばかり、特にディーン・ストックウェルが突としてロイ・オービソンの名曲「In Dreams」を口パクで歌う一幕、このキワモノ的にキレた怪演は驚きを超えてショックに近いものがありました。

一般にロイ・オービソンというと、ジュリア・ロバーツ主演の映画でも使われた大ヒットナンバー「Oh,Pretty Woman」が有名ですが、『ブルー・ベルベット』を観て以来、このノリノリの曲でさえ何かしら不穏な空気に包まれて聴こえるようになりました。でもそれは嫌な感じではなく、謎めいた心地良さみたいな、魅力が増して聴こえる感じです。

そんなわけで、歪んだリンチ映画のおかげでオービソンの歌はどれも屈折して聴こえるようになってしまったわけですが、それでもたまに聴いてはその美しい歌声に隠された危うい夢を見せてくれるような、ちょっと他にないゾクッとする感覚が同居しているミュージシャンです。

多くのミュージシャンから憧れ慕われたオービソンは88年、52歳の若さで急逝。この年、覆面の意味を理解する気もないような覆面バンド、トラヴェリング・ウィルベリーズ(Vol.1)でジョージ・ハリスン、ボブ・ディランらと楽しくゴキゲンなアルバムを制作している。
tw (1)
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR