プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

スパークス 「キモノ・マイ・ハウス」

kimono (1)
スパークス「キモノ・マイ・ハウス」 1974年。

唯一無二、なんて大袈裟に構えるようなバンドじゃないけど、たまにどうしても聴きたくなる類のアルバムです。
スパークスの「キモノ・マイ・ハウス」、ジャケットも最高、これはアナログ盤で持ってます。

70年代の頃、ボウイやロキシーを好んで聴いている人達は、スパークス、コックニー・レベル、セイラー、デフ・スクールとか、あと誰だっけ、その辺もさわりだけでも知っておかねば、なんて思ってたわけです。
皆さんオシャレでファッショナブルでしたし。
『このバンド…とてもファッショナブルで好きだなあ』なんて最近はあんまり言わないのかな。
まあそんな中でも「キモノ・マイ・ハウス」は強烈な個性を放つ1枚だったですね。このキミドリ色も実にスパークス的だなと思うわけです。

アルバムの内容については…、キモノ着てジェット・コースターに乗ったら止まらなくなっちゃったみたいな…、ちょっと違いますか、でもまあジャケットの雰囲気そのまんまですね。
冒頭の「This Town Ain't Big Enough For Both Of Us」だけでも彼らのヘンテコ極まる飛んでるセンスがよくわかります。
プロデュースはマフ・ウィンウッド(スティーブ・ウィンウッドの兄)。

mael (1)
ラッセル・メイルとロン・メイル、
「こう見えてボクたちロサンゼルス出身です」

2000年以降は(観たことないけど)来日公演も何度かやってるみたい。でもそれ以前にもお忍びで遊びに来てたらしい。
古い話だけど、丸井のバーゲン会場にラッセル・メイルがいたとか、東京の下町をロン・メイルが散策してたなんて目撃談を聞いたことがある。どちらも、さもありなんな話ですね。
今なら『YOUは何しに日本へ?』でぜひ密着してほしいお二人です。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR