プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

『まわり舞台の上で 荒木一郎』

まわり舞台
『まわり舞台の上で 荒木一郎』

三ケ月ほど開催していた『デヴィッドボウイ展』が今月9日で終わった。
3月中に行こうかと目論んでいたのですが、行かなかった、きちんと言うと行けなくなってしまった。
それは先日の昼過ぎのこと、自転車に乗って颯爽と、…というつもりが一瞬の不注意で転倒。これで行けなくなっちゃいました。
密かにあたためていたボウイ展レポ『空に星(★)があるように』は見果てぬ夢となりましたが、でも身体は少しづつ急速に回復に向かってます。

さて、そんなボウイさんとは何の関係もありませんが『空に星があるように』といえば荒木一郎ですね。
少し前に、地元の図書館に一冊の本を予約してました。
タイトルは『まわり舞台の上で 荒木一郎』
昨年10月に出版された荒木一郎さんの「語りおろし」で、あまり世間に知られていない(と思われる)思い出話を500頁に渡って語る、という読者層がかなり限定されそうな趣味シュミな内容です。
本屋で見かけて面白そうだなと思ったんですが、3200円+税か、それじゃあ急ぐこともないし図書館でいいかと。

で、図書館でも地味に人気らしく予約順で待つこと数ヶ月。忘れかけたころに「例の本ありまっせ」という、もっと丁寧でしたがそんなメールが届いて早速借りてきました。
厚さ4センチ、返却期限までに読み終わらないんじゃないかと思って気になるところから読み始めてます。でも全編インタビュー形式なのでわりとスラスラ読める感じです。勝新太郎、松田優作、桃井かおりほか多数、一時代を築いた俳優陣らの名がぞろぞろ出てきます。荒木さんのことを詳しい人ほど興味深い初耳裏話が満載かと思います。

デビューシングル『空に星があるように』はレコード化するにあたって、当初レコード会社は橋幸夫に歌わせたい、という思惑があったそう。それに大反対をしたのが当時のラジオ番組「星に唄おう」を提供していた森永乳業の宣伝課長さんだったそうです。

荒木一郎 『君に捧げるほろ苦いブルース』

araki.jpg
荒木一郎 『君に捧げるほろ苦いブルース』1975年リリース

ボブ・ディランのノーベル文学賞を聞いて、へぇーそうゆうのもアリなのかって。でも受賞者が知ってる名前ってのはわかりやすくていいですね。いつも知らない人ばかりだし。賛否が多々あるようですが、それらも全部含めての『ボブ・ディラン』ってことでいいのかなと。
授賞式のスピーチ(あるのかな?)がちょっと楽しみですね。

そんなわけであちらがボブ・ディランときたならば、こちらは荒木一郎でどうか。
荒木一郎は日本のボブ・ディランと言われ(誰も言ってないか)、でも日本のSSWの元祖なんて言われてる。
アウトローというかニヒルというか、まわりに媚びることなく我が道を行くというか。荒木さんの本業はなんなのかもわからないけど、異色ということでは寺山修司と似た匂いも。

アルバム『君に捧げるほろ苦いブルース』は全10曲、作詞作曲はすべて荒木一郎。歌謡曲でもないし演歌でもない、ロックでもないしフォークとも違うような荒木一郎の世界。
忌野清志郎、長谷川きよし、原田芳雄ら個性溢れる男たちから人気が高かったこともわかるような気がします。「寒多米利ツイスト」なんて、ちょっと初期の大瀧詠一を彷彿させるような曲も。

アルバムタイトルにもなっている名曲「君に捧げるほろ苦いブルース」は、アリスのヒット曲「帰らざる日々」の元ネタとしても知られる。
「君に捧げる…」の「君」は愛猫のことらしい。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR