プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

『ザ・ウォーク』

the walk
『ザ・ウォーク』 ロバート・ゼメキス監督 2016年公開
主演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

ちょっと前の映画、今頃レンタルで観ました。
フランスの大道芸人(フィリップ・プティ、1949生まれ)の実話に基づくストーリー。ホントはこれより先に制作されたジェームズ・マーシュ監督のドキュメンタリー『マン・オン・ ワイヤー』を見たかったんですが、なかったのでこちらを。

世紀の綱渡り事件。時は1974年、場所はニューヨーク、今はもう存在しないワールドトレードセンター(ツインタワー)。
地上411mの二棟の間に幅2.2㎝のワイヤーを張る。で、渡っちゃう。
向う見ずな犯罪、でも大きな夢。それを実現させてしまう過程を描く。
映画ではほとんど触れませんが、実際のプティは逮捕歴500回を超えるという毎度毎度のお騒がせ野郎でもある。

フランス時代の風景がいい。綱渡りと関係ないんですが、街を行き来するエキストラが洒落者で、襟の大きいシャツにラッパズボン。オシャレな車。70年代好きには楽しい場面です。
そこにプティの協力者になる路上で弾き語りをする女性が登場。レナード・コーエンの「スザンヌ」を下手っぴに歌ってる。

ゼメキス監督なのでサスペンスな演出も手慣れたもの。
どんな方法でタワー間にワイヤーを張るのか。それは見てのお楽しみというところですが、何人かの仲間(共犯者)がいます。
CGを多用した映像満載だけどこれなら納得。3D大画面で手に汗握って観るのが一番なんでしょうけど、まあ普通にTVでも楽しめました。
プティ本人も綱渡りの技術指導で協力してるそうです。
walk (1)
左から、役者、監督、綱渡り師。

ラストに深い感動が待ってるとか、そのへんは抑えめ。
2001年9月11日のことは直接的には一言も語らない。それでもやはり見る側があの日を思い出すようにはできてる。二度と見ることの出来ない展望、それを眺めるだけでもいいかもしれない。

いつだったか俳優・火野正平さんが自転車で全国を旅する番組『こころ旅』で、自転車にかけて「人生下り坂最高」というシャレたことを言ってましたが、『ザ・ウォーク』は「人生綱渡りサイコー」と言ってるような、そんな映画でした。
一度は挑戦してみてもいいかも、もちろん夢の中で。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR