FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

サディスティック・ミカ・バンド BBCライブ(YouTube)

mika band
サディスティック・ミカ・バンド BBCライブ(YouTubeより)

1975年、ミカバンドはロキシーミュージックのオープニングアクトとして全英ツアーに同行したことはよく知られている。
その時の模様は「Live in London」としてリリースされ、レコード盤がスリ切れるほどよく聴きました。

で、先日YouTubeサーフィンみたいなことをしていたら、当時ミカバンドがイギリスBBCの「OLD GREY WHISTLE TEST」という音楽番組に出演した時のスタジオライブを見つけて、地味に静かに狂喜乱舞してしまいました。
演奏は2曲で8分ほどですが、ミカバンドは映像で残されているものが少なく、これは貴重。メンバーは写真左から、今井裕、ミカ、高中正義、高橋ユキヒロ、後藤次利、加藤和彦。
資料によると、全英ツアーは75年10月2日から24日までの3週間。なので、ツアー開始から6日目のBBC出演と思われます。

曲はテクニカルなインスト「Wa-Kah!Chico(Time to Noodle)」とロンドンっ子にも大受け、ファンキーな「塀までひとっとび」。
「Wa-Kah!Chico」の中盤からポラロイドカメラを手にミカさん登場。
今見てもトノバンはユニークなバンドを作ったなあと、あらためて思います。こんな映像はずっと残してほしいですね。

加藤和彦「ヘーイ、ごきげんはいかが」

001 (1)
加藤和彦(撮影、鋤田正義)、1975年ロンドン。 

3年前に発刊された雑誌、「加藤和彦・あの素晴らしい音をもう一度」を最近また読みなおしています。この中に、「私的BEST5」というミニコーナーがあって、音楽家や作家が自分なりに思い入れのある5曲を選ぶっていう内容になっています。

こんな感じで。
003 (1)

で、自分も倣って選んでみました。好きな5曲。

1 シンガプーラ (76年ソロ「それから先のことは」収録)
2 それから先のことは (76年ソロ「それから先のことは」収録)
3 四季頌歌 (74年ミカバンド「黒船」収録)
4 メモリーズ (79年ソロ「パパ・ヘミングウェイ」収録)
5 ヘーイ、ごきげんはいかが(75年ミカバンド「HOT! MENU」収録)

ずいぶん偏った選曲になりました。
サディスティックミカバンドのデビュー盤(73年)からソロになってからのヨーロッパ三部作(81年)までが一番聴きこんでいた時代です。

ここで挙げた曲はどれもトノバンだけが持っていた独特の軽さがあって気に入ってます。
特に「シンガプーラ」のイントロは何度聴いてもグッときちゃいます。
みなさんにとっての1位はなんですか?

余談ですが、「ヘーイ、ごきげんはいかが」はブロンディのヒット曲「ハートオブグラス」の元ネタとも言われています。そういえば確かにそうかも。
今更ながらすごい影響力ですね。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR