FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ハリー・ニルソン 『プシーキャッツ』

nilsson lennon
ハリー・ニルソン 『プシーキャッツ』 1974年リリース

親友ジョンレノンプロデュース&全面参加の泥酔盤。30代の「うわさの男」が一緒にいる、いま思うと夢のようなコラボ。
当時のジョンはヨーコさんと別居中で、後に「失われた週末」といわれる時期。

朝から晩まで仲良く酒をあおり声もつぶれそうなアルバムで、「Without You」のような感動的に美しいニルソン節を期待してしまうと「?マーク」が浮かぶアルバム。
ヘンテコリンなジャケットも飛んでる。床に敷かれた半端なラグ(Rug)の左右に転がったDとSの積木、Drugsと読むらしい。

ニルソンはSSWでありながら、他人の曲を実に味わい深く歌うシンガーでもあり、自身では多種多様なシンガーと表現していたらしい。
このアルバムでもカバーがいい。1曲目がジミークリフの「Many Rivers To Cross」、そして中盤(B面1曲目)にドリフターズの「Save the Last Dance for Me」(ラストダンスは私に)。この二曲だけでも聴く価値ありと思います。
ラストは「Rock Around the Clock」がはじまってしまい、酒場のマスターに「閉店なんで頼むから帰ってくれますか」と懇願されそうなハチャメチャ演奏会でお開き。

参加ミュージシャンも豪華。ドラムスだけでもリンゴ・スターにジム・ケルトナー、そしてフラフラと遊びに来たようなキース・ムーン。
70年代ロックは小細工なしのそのまんまな感じが気持ちいい。
なんと「45周年記念」として11月に再発されるそうです。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR