プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ニール・ヤング 『トランス』 

young.jpg
ニール・ヤング 『トランス』 1982年リリース。

ニール・ヤングのアルバムは全部を聴いていませんが、初期の名盤『アフター・ザ・ゴールドラッシュ』と『ハーヴェスト』は今もたまに聴いてます。

で、趣はかなり違いますが最近は『トランス』が気分です。ニール・ヤングがテクノをやってる問題作です。
数あるニール・ヤングのアルバムの中でも(たぶん)人気の低いアルバム。
代表作とは言えないだろうし、邪道の一言で片付けるファンも多い。でもこれもまたニール・ヤングである、という好意的な見方も少なくない。

もし北島三郎さんがテクノで「まつり」をやったら「帰ってきて、サブちゃん」と言われるだろうし、八代亜紀さんが耳元でヴォコーダーで歌ったらそれはもう悪夢としか言えない。でもニールはやってのけた。
まあエレポップ全盛の頃だから面白がってやってただけかも知れないけど。

聴けばかなりダサい音だったりするけど、時が経てばダサさも味になる。ニール・ヤングだからこれでいいのだ、と思わせるところが強み。
飛ばしたくなる曲もあることはあるんですが、でも飛ばしません。

全9曲中、6曲をヴォコーダーで歌ってる。
障がいのある次男との心の会話を歌ったと言われる「Transformer Man」、この曲がこのアルバムの主題と思う。それとバッファロー時代の名曲「Mr.Soul」をテクノヴァージョンで再演してる。これは元歌がいいのでテクノでやってもやっぱいい曲ですね。

何をやろうがニール・ヤングはニール・ヤング。まだ聴いてないニールのアルバムがけっこうある。その中に自分にとっての最高傑作が隠れてるんじゃないかと思えてきます。

ニール・ヤング 「ハーヴェスト・ムーン」

002 (1)
ニール・ヤング 「ハーヴェスト・ムーン」 1992年リリース。

もし「心のバイブル」なんていう音楽のジャンルがあったとしたら、ニールヤングなんかは何時もランクインでしょうね。
ニールヤングは初期の名盤とこの辺のをつまみ聴きしたくらいなので、ファンと言うにはほど遠いんですが、久しぶりに「ハーヴェスト・ムーン」、聴き入っちゃいました。

特にラストのアコースティックナンバー「ナチュラル・ビューティ」。
メッセージ色の強い、10分という長い曲です。
どことなくカネボウっぽいタイトルだなと思いましたが。

♪「自然の美しさは記念碑のようにそのまま保存すべき」と歌う。
詞の内容とちょっと離れるけど、四季それぞれの風景がそれぞれの表情で現れては消えてゆくような、そんな揺らぎのある曲です。
たまには風の吹くまま写真のような草原を散歩してみたいですね。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR