プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ネーネーズ  『テーゲー』

nenes (1)
普段着がいいかなと思ってこの写真にしました。
ネーネーズ(初代)、活動期間1990年~1995年。
左上~時計回りに、古謝美佐子、吉田康子、比屋根幸乃、宮里奈美子。

ネーネーズはメンバーが全員入れ替わってもネーネーズ。
なのでこの4人は「初代」なんて呼ばれてる。
唄の上手さは折り紙付き。最年少の比屋根さんは小さい頃「のど自慢荒らし」で有名だったとか。

以前、TVのインタビューで吉田さんが「4人で一人ね」って話してたけど、4つの声が織りなす一つの声は、奇跡と言いたいほどやさしく響く。
これほど色彩豊かなハーモニーはそうそうないかも知れない。
いや、まあ、当のネーネー(お姉さん)さん達にはちっとも奇跡じゃないんだろうけど。

今日はそんな名曲群の中から、サバサバ感が気持ちいい『テーゲー』を。
「気楽にいこう、なんとかなるさ」という沖縄の生活観を唄ってます。
(作詞:上原直彦 作曲/プロデュース:知名定男 編曲:佐原一哉)

         『テーゲー』(訳)   

 ♪テーゲー小(グァー)ヤサ テーゲー

 物事そんなに思いつめたって なるようにしかならないさ
 風の吹くまま気の向くままに 生きて 生きてみたいのさ
 ※何とかなるさ 何とかね どうにかなるさ どうにかね
  テーゲー テーゲー テーゲーヤサ

 恋の道 思い焦がれて 燃えて燃えて 燃えつきて
 散り果てようと捨てられようと なるがままよ 人生は
 ※(くりかえし)

 惚れたはれたと追いかけたって 好きと嫌いは裏表
 一生賭ける恋などないさ ゆらりゆらり 生きるのさ
 ※(くりかえし)

 なりゆきまかせ一夜の火花 理由なんかありゃしない
 明日は明日さ一日暮らし テーゲー育ち コザ育ち
 ※(くりかえし)


琉球の言葉を混ぜこぜにしたチャンプルー語の唄なので、たとえば
「何とかなるさ 何とかね どうにかなるさ どうにかね」は、
「なんくる ちゃあがな ないやさにまじ」って唄います。

YouTubeに初代ネーネーズが首里城で唄った貴重な映像があります。
ここに載せた『テーゲー』や、せつなくも美しい『ウムカジ(面影)』あたり、ぜひ視聴してみてください。

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR