プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ピンク・フロイド 「おせっかい」

pf (1)
ピンク・フロイド 「おせっかい」 1971年リリース。

初めて買ったロックはこれだったと記憶してます。もちろんLPで。
ストーンズでもツェッペリンでもなくピンク・フロイド。
あの頃の四大プログレバンドは避けて通れなかった。
なかでもピンク・フロイドは知らない世界への扉を開けてくれるような息吹きがあって好奇心をくすぐった。

ジャケットを開くと4人が並んでいた。これがピンク・フロイドかと、随分長く眺めて顔と名前を照合した。タンクトップを着たリック・ライトが一番ハンサムで常識人のように見えた。こんなヘアースタイルにしてみたいものだと思った。
meddle (1)

ターンテーブルが正確に33回転であることを確認して、レコード盤の溝に沿ってホコリをそっと除去する。針の位置を決めて静かに下ろす。部屋を少し暗くして、左右のスピーカーの真ん中に陣取る。スピーカーはカバーを外した方が気分が盛り上がった。

このアルバムに収録された小品、「サン・トロペ」の風になびく乾いた洗濯物のような白い風景が好きだった。「サント・ロペ」ではなく、「サン・トロペ」であることを知り静かに唸った。
そしてB面すべてを使った大作「エコーズ」をパイオニアの30㎝ウーハーで正しく聴いてみたかった。エコーズの中盤は少々うとうとする場面があったが、レコード針を飛ばすことは無かった。

もう「おせっかい」は手元に無い。聴くのは容易いことだけど聴かないでいる。たまに頭の中で「サン・トロペ」を鳴らしてみる。
聴かない方が色褪せない音楽がある。誰にもきっと。
それでいいと思っている。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR