プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ロキシー・ミュージック 『カントリーライフ』

country (1)
ロキシー・ミュージック『カントリーライフ』 1974年リリース。

少し前にマツコさんのTV番組で「今の若い人たちはプレスリーを知らない」という話題があって、誇張はあるにしても「当たらずといえども遠からず」ってところなんだろうなあと思いながら見てました。
…ってことはボブ・ディランもキース・リチャーズもボブ・マーリーも「顔は知ってる」くらいですか。プレスリーのファンでもあるブライアン・フェリーなんて「どちら様でしょう?」てなもんですね。

『ま、しょうがないよ、音楽を聴く環境が昔とまるで違うんだし、そんなもんだよ、だいたい目新しい音楽は70年代までで出尽くしたって説もあってね(中略)、ほらあの頃は新譜情報はいち早くラジオで、チューニング合わせて、アンテナの向きはこうで(以下略)』、なんて聞こえてきそう。

まあそんな世ではありますが、久しぶりにロキシーの4作目『カントリーライフ』を聴きました。物議を醸したオーモーレツなジャケットだけど、デビューから出来上がっていたロキシーのヴィジュアル戦略はブレがない。

ファンキーでバラエティに富む、どこか余裕も感じる10曲。
ハードなオープニング「The Thrill of It All」からロキシー色満開。
3曲目の「All I Want Is You」の残響を残しつつ「Out of the Blue」が後方から近づいてくるような、このシームレスに流れるカッコよさは最高にシビれる場面。当時は大きいヘッドフォンでボリュームMAX、このつなぎを聴くのも楽しみの一つでした。
この頃のアルバムを聴くと、ロキシーのドラムはやっぱりポール・トンプソンに一票、と改めて思ったり。

ラストは泥臭いノリがかっこええロキシー流カントリーロック「Prairie Rose」でなぜか遥か遠くの地"TEXAS"を歌い、ロキシーにしては妙に明るくノリノリな終わり方をする。
この頃フェリーと売れっ子モデルのジェリー・ホールはどのくらい接近していたのかわからないけど、もともとジェリーはテキサス出身のカントリーガール。ってことは『カントリーライフ』ってFerryからJerryへの熱いラブコールだったのかなと、そんな風にも聴こえます。

で、この後の恋の行方は…、たぶんあちこちで100万回くらい語られているのでもういいですね。みなさん恋多き人たちなのでした。

ブライアン・フェリー 「愚かなり、わが恋」 These Foolish Things

006 (1)
ブライアン・フェリー「愚かなり、わが恋」 1973年リリース。

「むかしはよく聴いたけど、すっかり聴かなくなったなあ」なんて人はけっこう多いような気もしますが…。

ロキシー(フェリー)を知ったのは、第5作『サイレン』を出して一先ず活動を休止していた頃でした。「ロキシーミュージックっていう名前のとにかくカッコいいバンドがいるんだ」ってことを耳にして。
ロック雑誌で確認するとなるほどカッコいい。フェリーもいいのですが脇を固めるフィル・マンザネラとアンディ・マッケイがこれまたカッコよかったのです。「外が明るいうちは聴いちゃいけない」なんて意味深なことも書いてありましたよ。
その頃ロキシーはこんな感じでした。
    country life (1)
英語がわからなくても曲のタイトルはどれもキマッてました。
「リメイク・リモデル」「チャンス・ミーティング」「ドゥ・ザ・ストランド」「マザー・オブ・パール」「アウト・オブ・ザ・ブルー」等々…。
駄作無しと言われるロキシーは、ソロ作も聴いてみたいなあと思わせる魅力がいっぱいでした。

そんなフェリーのソロ第1作『愚かなり、わが恋』は全曲カバー集、といってもオリジナル曲をフェリー流にリメイクしてしまうわけですが。
ボブディランもビーチボーイズもストーンズもビートルズもあり。加えてソウル、モータウン、オールディーズ、スタンダードナンバーあり。
バラエティに富んだ選曲で(少々鬱陶しい)フェリー節が楽しめます。

このアルバムではじめて知った曲も多く、冒頭の「はげしい雨が降る」は良かれ悪しかれディランより先にフェリーを聴いてしまいました。
ラストを飾る「These Foolish Things」というラブソングもこのアルバムで知りました。なので「ポピュラー音楽入門」のように色々な楽曲を教えてくれたアルバムでもありました。

お洒落、粋、ダンディ…はたまた変なオヤジとか…そんな言葉で飾られることが多いけど、それよりもブライアンフェリーはとても楽しいミュージシャン。カッコいいけどいつもどこか面白い。
このアルバムを制作した時は28歳だって。どこから見てもおかしな28歳。
「ロックを楽しくしてくれたミュージシャン」なんてランキングがあったなら、ナンダカンダ言いつつもフェリーは上位に入るんじゃないかな。

ブライアン・フェリー 「アヴォンモア」

   ferry (2)
ブライアン・フェリー「アヴォンモア」 2014年リリース。

ブライアン・フェリーの4年ぶりのニューアルバム。
誰もがロキシーの「アヴァロン」を連想するジャケットとタイトル。
YouTubeに全曲アップされていたので、何回か聴いてみました。

一曲目を聴いたときは「またこれか」と思った。
お決まりのいつものスタイル…。

「いつもと同じでツマンナイ」で終わりそうだったけど、今回は何か違う。
天秤座のブライアン、片方の皿に「アヴァロン」、もう一方には「アヴォンモア」。これでやっとバランスがとれたような終幕。
でもまあ69歳になるフェリーがこんなアルバムを今も作り続けているなんて、「アヴァロン」の頃は想像すら出来なかった。
だからもうマンネリとかワンパターンとか言うのはやめました。

ラストはロバート・パーマー「Johnny & Mary」のカバー。こうゆう選曲のセンスは流石ですね。
いつもの豪華サポートメンバーの中にまじって、ロニー・スペクターの名を見つけました。

ジョン・ガスタフソン John Gustafson

    Gus (1)
ベーシスト、ジョン・ガスタフソンが9月12日に亡くなった。72歳。

ロキシー・ミュージックの75年のアルバム「サイレン」について何か書きたいなと思っていたら、偶然にジョン・ガスタフソンが亡くなったことを知りました。

なので、アレコレ書くのはまた今度にして、ジョンの素晴らしいプレイが聴ける「サイレン」をかけています。
ポール・トンプソン(ドラム)とジョン・ガスタフソン(ベース)、
このリズム隊を聴くためだけでも価値のある1枚です。

▼ロキシー・ミュージック「サイレン」 1975年
002 (1)
Bryan Ferry.............Voices & Keyboards
Andrew Mackay.......Oboe & Saxophone
Paul Thompson........Drums
Phil Manzanera........Guitar
Edwin Jobson..........Strings, Synthesizer, Keyboards
John Gustafson......Bass

フィル・マンザネラ 「ダイアモンド・ヘッド」

phil (1)
フィル・マンザネラ 「ダイアモンド・ヘッド」 1975年。
無国籍プログレの名盤。

ロキシー・ミュージックの「カントリーライフ」と「サイレン」の間に制作されたフィルのソロ第一作。
ロバート・ワイアット、ジョン・ウェットン、イーノ、ロキシーらの面子が結集。ここら辺の皆さんってすごく友達っぽくていいですね。
フィルのギターは地味で控え目、だけど奥ゆかしくて風情あり。
この丁度いいカッコ良さに仕上げるセンスは流石。
飽きのこないアルバムとしてもぜひ備えておきたい1枚です。

タイトル曲「ダイアモンド・ヘッド」をはじめて聴いたのは、70年代の人気TV番組「ヤング・ミュージックショー」でした。
待ちに待った「ロキシー・ミュージック」の回がやってきて、76年のストックホルムでのライブが放送されました。
中盤にフィル・マンザネラとアンディ・マッケイの見せ場があって、フィルが「ダイアモンド・ヘッド」を、アンディが「ワイルド・ウェークエンド」をキメました。
この映像は当時のロキシーファンに決定的な何かをもたらしました。
今はYouTubeで視聴できますが、あの頃はビデオすら無かったのでラジカセに音だけ録ってくり返し聴きました。

同時期に制作されたクワイエット・サンの「メインストリーム」と集大成的な「801Live」は共通したメンバーが多いので、あれこれ聴くと面白味が増します。
懐古趣味ではないけど、あの時代はカッコいいミュージシャンが本当にたくさんいましたね。

006_20141009222028fd8.jpg
▲ブライアン・フェリーバンドで初来日したフィル(77年)。

ロキシー・ミュージック 「アヴァロン」

003 (1)
ロキシーミュージック 「アヴァロン」 1982年リリース。

「波」。
夕暮れ時あるいは夜明け前、黄昏色の波のアルバム。
アナログレコード最高の奥行きと言われるロキシーミュージックのラストアルバムにして最高傑作(もちろんイーノがいた初期のロキシーの方が好きという意見にも異論ありません)。

古くからのロキシーファンは、最初この傑作をどう位置付けようか少々悩んだ。ロキシーっぽくなかったから。ロキシーのポップな魅力がどこかに行ってしまって寂しく感じた。だからリリース時は「波」じゃなくて「並」、なんて悪評まで出ていた。

しかしそんなオールドファンを黙らせるほど、かつて無い素晴らしい音響であることも事実。反響する深いエコーに身を委ねれば遥か水平線の彼方、伝説の島アヴァロンへの揺らめく航海がはじまる。
フェリーのソロアルバムっぽいとも言われるけど、フィル・マンザネラとアンディ・マッケイが居なければアヴァロンまで辿り着けなかっただろう。
ミックスを担当したボブ・クリアマウンテンはこのアルバムで一躍名を上げる。

冒頭の曲で「これ以上、何も無い」と先に言ってしまうフェリー。
発売から30年を経過した今も「これを超える音響はめったに無い」のかも知れない。

002 (2)
アヴァロン製作時のロキシー・ミュージック。
左からフィル、ブライアン、アンディ。

ここにイーノとポール・トンプソンが並ぶと初期のロキシー勢揃い。
そう言えば2010年フェリーのソロ「オリンピア」ではイーノが4曲参加していた。
幽玄なアヴァロンの素晴らしさを充分認めながらも、ロキシー最後の一撃は再びこの5人で決めてくれないだろうか、と思ってしまう。
この5人による素晴らしく奇妙な演奏、アヴァンギャルドでポップなロキシーミュージックをもう一度聴きたい。

ブライアン・フェリー 「あなたの心に」

008_20130703125142.jpg
ブライアン・フェリー 「イン・ユア・マインド」1977年リリース。
けっこう日焼けしてます、テニス焼けでしょうか、当時のブライアン。
タイプライターの文字って今みても味があります。

フェリーの数多のアルバムの中でも、一番聴いたのはコレ。
昨今は、TVドラマで使用された「東京ジョー」収録ってことで有名なアルバムです。
聴きこめるし、聞き流せる。全8曲が丁度いいボリューム。
卓抜した凄腕演奏陣の力の入れどころ、さじ加減が絶妙。

リリース時の初来日公演には行けなかったけど、当時のNHKの人気音楽番組「ヤング・ミュージックショー」で再放送も含め何度か放映していました。
クリス・スペディング、ジョン・ウェットン、メル・コリンズ等、超豪華なサポートメンバー。

白眉は「はげしく愛してもう一度」。恥ずかしタイトルでも、夜行列車に飛び乗ったかのような後半の粋なアレンジは必聴。
「パーティドール」からラストを飾るタイトル曲「あなたの心に」までも味わい深くいい余韻を残します。

フェリーには、またこんなサウンド作ってほしいですね。

アンディ・マッケイ

001_20121210115421.jpg
ロキシーミュージックのサックス・オーボエ奏者。
アンディ・マッケイのセカンドソロアルバム。1978年リリース。

奥さんと中国旅行して、その思い出をいっぱい詰め込んだ一風変わったアルバム。
でもこのアルバムはあんまりオススメしません。とても変なんです。
それでも、ここに載せたくなっちゃうのが、アンディの不思議な魅力です。

ボーナストラック含んで全15曲。
失礼ながら、別にどれがどれでもいいようなインスト曲がぞろぞろ並んでいます。
「遠山の金さん」あたりで使われればピッタリくるような、渋すぎてずっこける曲ばかりです。

ロキシーミュージックでは、「ヨーロッパ哀歌」「恋はドラッグ」など、ほんの挨拶代りの一打が場外ホームランになっちゃいました的、数々の名曲を書いておきながら。
憎いポジションですね、アンディマッケイ。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR