プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

『ジャック・マイヨールの海と夢』

sea.jpg
『ジャック・マイヨールの海と夢』(現在廃盤と思います)。
1994年リリース

「陸にあがったイルカ」、ジャック・マイヨール(1927~2001)。世界で最も有名なフリーダイバー。
88年の映画「グラン・ブルー」のモデルにもなり、一気に知名度が上がった。少年時代を佐賀県の海で過ごしたりと、日本と縁が深く千葉の館山には別荘があったそう。

このアルバムはジャックのドキュメンタリービデオのサントラで、音楽をジョン・ルーリーがやってます。
ジョン・ルーリーは80年代からミュージシャンとして「ラウンジ・リザーズ」、俳優として「ストレンジャー・ザン・パラダイス」など、多才でイカした男でした。

CDは24のセクションに分かれていて、素潜りの邪魔にならない質素で素朴な曲が16曲、ジャックの語りが5編、ジャックの1分ほどのハーモニカ演奏がひとつ、それとクジラさんが二度お出ましになります。
「マイヨール、ルーリー&ホエール」という顔合わせがとてもいいのですが、サウンドイメージのようなアルバムなので、どれも慎ましく潮の流れに身をまかせているような一風変わったBGMです。

ジャック・マイヨールの語りより「Freedom」
青い海の深みの先に広い空間がある
わたしの求める自由がある
ほんのしばらくの自由だが、それがわたしには大事
地上ではすべてががんじがらめに管理されている
それに比べれば海の中は自由だ


90年代頃にエッセイを出版した際、新宿の書店でサイン会をやっていた。いま思うとサインもらっておきたかったなと…。
クジラが遊ぶ大海原には行けそうにないので、部屋いっぱいにクジラの声(歌か会話か)を鳴らしてみました。なかなかいいもんです。

ニーノ・ロータ 「ベスト・オブ・ニーノ・ロータ」

nino rota
ベスト・オブ・ニーノ・ロータ  1999年編集盤

ニーノ・ロータ(1911~1979)、イタリアの作曲家。
母方が音楽系だったらしく、8歳で作曲をはじめて15歳の時にはオペラを作曲。本業はクラシックで、映画音楽は副業ではじめたという。
…と言いながらも、生涯に関わった映画音楽は150本にも及ぶ。なので国外では映画音楽作家として有名になっちゃった…。

 ニーノ・ロータ、12歳(Wikipediaより)  
 NinoRota1923 (1)

このアルバムは没後20年にリリースされた2枚組ベスト。
収録曲は細かく分けると50曲で、全てオリジナル・サウンドトラック。
でもベスト盤とうたいながら、定番の「太陽がいっぱい」も「ロミオとジュリエット」も入ってません。版権等の理由もあったらしく、フェリーニとヴィスコンティの作品を中心にまとめたというシブい選曲です。

なのでベストと呼ぶには少々無理がありますが、よく言えばそのへんが無いことで、かえって統一感が出てるように思います。
フェリーニにとってニーノ・ロータがどれだけ大切な友であったか。そのことに焦点を絞った感じです。

<収録曲>
フェリーニ作品から33曲
 1. 甘い生活(1959) 5曲
 2. 8 1/2(1963) 6曲
 3. 魂のジュリエッタ(1965) 7曲
 4. フェリーニのアマルコルド(1973) 4曲
 5. カサノバ(1976) 5曲
……ここまでがDisc1……
 6. オーケストラ・リハーサル(1979) 5曲
 7. 崖(1955) 1曲
ヴィスコンティ作品から13曲
 8. 若者のすべて(1960) 5曲
 9. 山猫(1963) 8曲
マリオ・モニチェリ作品から4曲
 10.我らの時代の英雄(1955) 4曲

これをBGMに流せば、いつもの見慣れた風景もフェリーニのカメラワークのように見えちゃう、かもしれません。
-----------------------------------------------------------------
それとちょっと関連した本を一冊…
harry.jpg
「映画を聴きましょう」 細野晴臣著
初版:2017年11月15日、キネマ旬報社発行

細野さんが「キネマ旬報」に隔号連載していた映画音楽の話をまとめたもの(300頁ほど)。これがとても面白かった。
数々の古い映画音楽とその作者(もちろんニーノ・ロータも)の話が中心ですが、少年細野くん時代のクスッと笑ってしまう思い出話もちらほら。
細野さん近作のバックグラウンドの一端がチラッと見えてくるような楽しいエッセイです。

バート・バカラック 『明日に向って撃て!』

burt.jpg
『明日に向って撃て!』 日本公開1970年
監督:ジョージ・ロイ・ヒル、 音楽:バート・バカラック
ブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)
ザ・サンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード)
エッタ・プレイス(キャサリン・ロス)

B.J.トーマスが歌う挿入歌、誰もが口ずさめる有名なあのフレーズ、
「Raindrops Keep Fallin' On My Head(雨にぬれても)」
もし曲が思い浮かばなくても、聴いた瞬間「あぁコレね」と納得のバカラックお馴染みの名曲。CMでも何度となく使われていましたね。

映画『明日に向って撃て!』は言うまでもなく名画中の名画ですが、このサントラもまたかなりの名盤。
9曲入ってますが通して聴いても27分。同じメロディーがくり返し出てくるので、まとめて1曲みたいにも聴こえます。
この27分で終わってしまうのは短いと言えば短いのですが、でもさらっと終わることが妙に清々しくも思えてくるような実にいい感じの27分です。「雨にぬれても」はインスト含み3回登場します。

『明日に向って撃て!』は大きなスクリーンで観た記憶はないんですが、それでも「The Sundance Kid」「Not Goin' Home Anymore」あたりを聴いていると映画の名シーンと同時に昭和の大衆映画館の匂いみたいなものを思い出します。
昔は小さな駅の裏路地にも映画館がありました。
古い記憶の中にある映画館は薄暗い小屋のよう、小さな売店、少しやわらかい感触のブ厚いドア、使い込まれてギシギシ鳴る丸っこい椅子、左右の壁に寄り掛かる立見客の影。
そんななつかしい情景も一緒に詰まったサウンドトラックです。

kids.jpg
自転車シーンもよかったですね。

007ドクター・ノオ(サントラ盤)

007_20170813133634f6e.jpg
007シリーズ第一作、ドクター・ノオ(サントラ盤)。

近所の中古盤店で、全品100円の投げ売りワゴンを漁って見つけた1枚。
この手のやつは、聴いてみたいと思っていても定価ではなかなか手が出ません。なので「もってけドロボー」的に展開している処分品を見つけたときが「買い時」です。まあレトロなジャケットだけでも100円の価値あり、なんて思ってますが…。

2分前後の短い曲が18曲。あのテーマ曲でカッコよくはじまりますが、ドクター・ノオの舞台がジャマイカってこともあってか、全編とても南国ムードがいっぱいです。古いラジオから流れてくるような楽園トロピカルな曲ばかりで「こんなだったっけ?」なんて思いながらも気に入って聴いてます。このアルバムの収録曲が実際に映画の中で流れていたかどうかはあやしいところですが、そのへんの細かいことはわりとどうでもいい感じで聴けます。

邦題は『007は殺しの番号』、日本公開は63年6月だったそう。
ショーン・コネリーは1930年生まれというから撮影時はまだ32歳かな、もっとオヤジに見えました。今でもショーン・コネリーが出てるよっていわれると観たくなる、カッコいい俳優ですね。
お隣のべっぴんさんは初代ボンドガールのウルスラ・アンドレス(ハニー・ライダー)。

なつかしの昭和 テレビ・ラジオ番組 主題歌全集

 TV (1)
『テレビ・ラジオ番組 主題歌全集』、2002年編集盤。
テレビの放送開始から50年を記念して出た企画もので、50~70年代のテレビ・ラジオの黄金時代を懐かしむ、という内容です。図書館で借りました。

2枚組の全49曲。全てオリジナルの音源を使ってるそう。
「向う三軒両隣り」「ザ・ヒット・パレード」「シャボン玉ホリデー」「ザ・ガードマン」「11PM」「時間ですよ」「木枯らし紋次郎」「前略おふくろ様」…、一時代を築いた名番組のテーマ曲がぞろぞろ。はじめて聴く曲も沢山。

でも一番のお目当ては、NHKのバラエティ『夢であいましょう』のテーマソング。放送は61~66年、土曜日の夜10時すぎだったそう。
リアルタイムでは知らないし番組も見たことないけど、曲は広く知られてますね。懐かしい人、懐かしい風景を思い出します。

      「夢であいましょう」
 (詞:永六輔 曲:中村八大 歌:坂本スミ子)

  夢であいましょう 夢であいましょう
  夜があなたを 抱きしめ 
  夜があなたに 囁く

  うれしげに 悲しげに
  楽しげに 淋しげに
  夢で夢で 君も僕も 夢であいましょう

  うれしげに 悲しげに
  楽しげに 淋しげに
  夢で夢で 君も僕も 夢であいましょう

小津安二郎 メモリアル・アルバム

006 (1)
小津安二郎 メモリアル・アルバム 1993年リリース。

秋刀魚の美味しい季節。
小津作品は全部を観ていませんが、はじめて観たのはサラリーマン役の笠智衆とその娘役で岩下志麻が出てくる「秋刀魚の味」でした。
秋刀魚はいつ出るのかと思いましたが出演しておりません。
英語タイトルは「An Autumn Afternoon」、人生の秋のような話。
監督はこれを撮った翌年、60歳の若さでお亡くなりになったことは後になって知りました。

小津安二郎(1903-1963)
誕生日と命日が同じ12月12日。このことは偶然にしてもなにかとても小津監督らしく感じられて不思議です。
お墓は北鎌倉の円覚寺、墓碑銘には一文字「無」とだけ掘られているのは映画ファンには有名な話。

さて、写真のものはDVDではなくサントラ(再録)盤。
「秋刀魚の味」ではじまる9曲。派手な曲はひとつもありません。控えめでほんの少し陽気、雰囲気の似通った曲が並んでます。作曲は斎藤高順。
脚本家、野田高梧によると小津監督は「音楽は映画の流れをなめらかにする潤滑油」と考えていたそうです。
音楽だけ聴いているのはちょっと退屈なんですが、このどこか清々しさの残るメロディーを聴いて映画を再見すると「潤滑油…なるほど」とわかります。

<曲目>  
 1. 秋刀魚の味 主題曲/ポルカ/終曲
 2. 秋日和 主題曲/ポルカ
 3. 早春 主題曲
 4. オルゴール「秋日和」より
 5. 東京物語 主題曲/夜想曲
 6. サセレシア「早春」「東京暮色」「彼岸花」より
 7. 浮草 主題曲/ポルカ
 8. 彼岸花 主題曲
 9. 祭囃子「浮草」「秋日和」より
 
小津映画は秋が似合いますね。
「侘び寂び」「ノスタルジー」「庶民の善意」とか、そんな言葉では表現しきれない美。こんな映画があってよかったなあと思います。

…今日の晩飯は秋刀魚の塩焼きに決定です。

『サンダーバード・アー・ゴー』 バリー・グレイ、 クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ  

001 (1)
『サンダーバード・アー・ゴー』 1992年リリース。
録音:1966~67年。

近所の図書館で借りてきたCD。
図書館の品揃えは一風変わってる。予算が無いのか新譜は極端に少ないけれど、プレミアが付くような貴重盤もそこそこ置いてあるし、そうかと思えばどこからか拾ってきたような代物まである。
一度に3枚借りられる、しからば内1枚はちょっと冒険してみよう。
で、ジェリー・アンダーソンの空想特撮人形劇の傑作「サンダーバード」の音源です。

と言ってもコアなファンじゃないから、サンダーバードのことは解説読むくらいしか知りません。サンダーバード1号から5号はわかるけど、2号が一番人気だったかな、あとピンクのペネロープ号とかジェットモグラとか。
テレビで何度目かの再放送をチラホラ見たくらいです。
毎回とんでもない事故が発生して危機一髪の人命救助に向かう、それと時折出てくるムーディー極まるナイトクラブ的なダークでリラックスした奇妙な演出に不思議な魅力がありました。

ところで、このサンダーバードの時代設定はなんと2065年なんですね。
制作は1965年頃だから、えーっと、わかりやすい計算ですね、100年後のメカを創造したのでありました。
002 (1)

さて、アルバムはもちろんバリー・グレイのあのテーマ曲ではじまります。
全16曲、歌モノはクリフ・リチャードの一曲だけ。他は全部インストで、妖しいラウンジ・ミュージック風な仕上がりです。

あとですね、人形としてサンダーバードに出演もしたイギリスのロックバンド、「シャドウズ」の演奏も4曲入ってます。
しかしまあシャドウズって名前、実にカッコいいじゃありませんか、サンダーバードの世界観にもぴったりマッチしてますね。
シャドウズが演奏するサンダーバードのテーマ曲もあるんですが、これがベンチャーズもエレキの若大将も逃げ出しちゃうようなサーフ・ミュージックなんです、レトロで渋い味わいはかえって新鮮かも。

でもそれよりも、もし「どれにでも乗せてあげるよ」なんて言われちゃったら何号に乗りますか。控えめな4号なんか意外に楽しそうですよね。

サンダルズ 「エンドレス・サマー」

001 (1)
冬でもサンダル。サンダルズの「エンドレス・サマー」。
1966年公開、たったの3人で撮ったというドキュメンタリータッチの波乗りムービー「エンドレス・サマー」。

ただひたすらに夏(伝説の波)を追いかける。
地球のどこかに必ず夏はある。西海岸の夏が終わるなら、夏本番の土地へ行ってしまおう。こっちが冬ならあっちは夏だ。夏は続く。夏がまた来る。そしてその夏もいずれは終わる。ならば次なる夏の地へ移動しよう。これを続ければ夏は永遠に終わらない。エンドレス・サマーだ。一年中が夏だ。ずっとサーフィン出来る。今日もいい波に乗るもんね。そんな映画。
この考え方は清く正しく、なによりストレートで気持ちがいい。

そんな映画の音楽ならサンダルズに任せよう。
サンダルズの活動期間は1962~68年。メンバーの内2人(ジオリス兄弟)は50年代にベルギーから南カリフォルニアに移住してきたらしい。なので欧米混在バンド。
写真は、90年代に「エンドレス・サマーⅡ」制作の際に再びサンダルズが集まって、当時の楽器と機材を使って再録したという新曲2曲を含む復刻盤。この新曲もいい。
オリジナル盤と再録盤が出回って紛らわしいけど、細かいことは気にせず、どっちがどっちでもそれぞれに良いみたいです。

地元のローカルラジオ局から流れてくるようなサーフミュージック。
60年代の終わりなき夏。小さい音で聞いていると聞き流してしまいますが、大きい音で鳴らすとちょっとダサいところも含めていい味です。

001 (2)
▲飾っておきたい三面デジパック仕様。
夏はそこまで来ている、かも。ビーチサンダルを買いに行こう。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR