プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ロネッツ 「the best of  THE RONETTES」

001 (1)
ロネッツ 「the best of THE RONETTES」全18曲。
プロデュース:フィル・スペクター

先日電車内でシリア・ポールさんの「夢で逢えたら」をウォークマンで何度も聴いてしまい頭から離れなくなりました。
で、それならば本家を聴きなおそうと思ってロネッツベスト盤の登場です。

黙る子も泣く「ビー・マイ・ベイビー」ではじまるヒットパレード。
ウォール・オブ・サウンドについては語り尽くされているのでここでは触れませんが、と言うのはウソで薀蓄を披露するほど知らないわけです。
しかしまあロネッツっていう名前、旬のスイーツみたいでとっても美味しそうですね。

話は迂回しますが、
ロックに興味を持ちはじめた頃は、なんと言ってもブリティッシュロックが一番かっこ良かったですね。だからビーチボーイズなんかは最初はよくわからなくて、ストライプのボタンダウンに生成のコッパンみたいなアイビースタイルを見て「こんなの認めない」って思っちゃったわけです。
大きいヘッドホンでゼペリン(ピーターバラカン風な発音です)に首振ってノッていた時代です。

後々になって「ブライアン・ウィルソンは一人でビートルズに勝っちゃったんだよ」なんてことを小耳にはさんで、それはきっと凄いことなんだろうと暫し黙って一考いたしました。もちろん何の勝負に勝ったのかさっぱりわかりませんでしたが。
そんなこんなでやっとこさビーチボーイズを聴きはじめたのはずいぶんと遅かったわけですが、今はビーチボーイズもよく聴いています。この辺じつにいい加減ですね。

そんなビーチボーイズで好きな一曲を挙げるとしたら「ドント・ウォーリー・ベイビー」なんですが、これはブライアンがロネッツに捧げた曲と知ったのも遥か後々のことでした。

「ビー・マイ・ベイビー」が誕生して今年で50年だそうです。
音楽は劣化しないと言いますが、はたして今流行りの音楽で50年後も親しまれているような曲はどれほどあるのでしょうか。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR