プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

鈴木博文 「Best of 15songs(1987-1994)」

004 (2)
鈴木博文「Best of 15songs(1987-1994)」1994年リリース。
ムーンライダーズのベーシスト、鈴木博文をざっくりと紹介した好盤。
本人はコメントで『ちょっと立ち止まった時に心の中を廻っていた曲達を集めたもの』って言ってる。
一味違うライダーズが楽しめます。

矢野顕子も歌った「大寒町」の新録や「くれない埠頭」のライブ(88年)のほか、リミックス6曲を含む全15曲。ポップだけど持ち前の詩情溢れる渋めの曲が多いです。
ライダーズほど音を作り込んだ感じが無いし、シャウトすることもない。
抑えたサウンドに淡々とした歌が心地いいアルバムです。
「くれない埠頭」のブルージーなライブは本当に「♪吹きっさらしの夕陽のドック」で演奏しているかのよう。

そんな中から今日は「柵を越えて」を。
「柵を越えて」はネット上にはあまり出てないみたいだけど、知らない道をフラッと散歩なんかしてみたり、気が付くと「くれない埠頭」を口ずさんでしまうような万年青年ならコレもけっこうイケますよ。

     「柵を越えて」  詞・曲:鈴木博文

 (ウー)時に埋もれ 意味に生まれ 柵を越えて来た
 (ウー)花の色は 光り浴びて きみに摘まれた
  暮れてく町 くだける風 ゆれる電線 見えるかい
  吹き出す道 転がるコイン 燃える青空 見えるかい

 (ウー)石に刻み 土に書いて 過去を捨てて来た
 (ウー)きみの足は 露に光り 家を離れた
  倒れた時 すさんだ時 思い出せよ 花の色
  ふるえる指 こすり合わせ 思い出せよ 花の色

  感じ合えれば 信じ合えるさ
  信じ合えれば 愛し合えるよ

  暮れてく町 くだける風 ゆれる電線 見えるかい
  吹き出す道 転がるコイン 燃える青空 見えるかい

ムーンライダーズ 『スカーレットの誓い』

12月17日、ムーンライダーズのドラマーでソングライターの橿渕哲郎さんが63歳の若さでお亡くなりになった。癌だった。
ライダーズは2011年12月を最後に活動を休止、復活を待ち望むファンが多かった。

1982年、レコード会社から「売りようがない」とまで言われた問題作「マニア・マニエラ」。このアルバムのエンディングは橿渕さんの「スカーレットの誓い」で終わる。
もし未聴でしたらユーチューブででも是非聴いてみてください。
素敵ないい曲です。

『スカーレットの誓い』詞・曲:かしぶち哲郎

次のレボリューション
誓いはスカーレット
さまよう愛はラベンダー
列車を待つ熱い胸に
響く汽笛はセルリアンブルー
青春はグリーン
水はクリムゾン
仲間達はマリーゴールド
百億の色で描く 青春のエンブレーム 

結ぶソリダリティ
秘密はパールグレイ
孤独な愛はカーマイン
酔いつぶれて夜明けの頃
ドームの窓はカドミウムグリーン
青春はブルー
嘆きはブラック
迷路パズルはクロームイエロー
百億の謎を解いて 青春のエンブレーム

薔薇がなくちゃ生きていけない
薔薇がなくちゃ生きていけない
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR