プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

キッド・クレオール&ザ・ココナッツ 「OFF THE COAST OF ME」

009 (2)
キッド・クレオール&ザ・ココナッツ
「OFF THE COAST OF ME」 1980年リリース。

そんなのもあったね、今となってはそんなアルバムかも知れない。
しばらくこの手のやつは流行らないと思うけど、でもまあ、当時こーゆーのにハマった人には忘れられない1枚ですねコレは(初期のアルバムはどれもいい)。

ラテン風味満載なムラート(混血音楽)なんて呼んでいた「ごちゃ混ぜ音楽」の才人。ある時はキッド・クレオール、そしてまたある時はオーガスト・ダーネル、その正体はトーマス・ブラウダー(と思う)。
全曲でベースも弾いている。

このアルバムは「ZEレコード」周辺のミュージシャンも多数加勢したキッド・クレオール名義のファースト。
当時の「ZEレコード」ってのがなかなかの芸達者集団で、お洒落で個性的な連中が集まっていた。日本語として正しいかわからないけど「通ぶれる」と言うか「知ったかぶれる」と言うか、好きモノが喜びそうな人達が多数在籍しておりました。

このアルバムではマレーネ・ディートリッヒの「リリー・マルレーン」をサーフ・サウンドにディスコをトッピングしたようなヘンテコなアレンジでカバーしている。この手のことをやらせると実に上手い。

ライブでは料金の倍は演ってしまうサービス精神旺盛なプロ集団。
本物を演じたニセ者がたまに世間を騒がすけど、彼らはニセ者っぽくみせる本物。やってみようにも出来ないけど、それはきっと難しいことだろう。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR