プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

大空はるみ 「はるみのムーンライトセレナーデ」

002 (2)
大空はるみ 「はるみのムーンライトセレナーデ」 1982年。
「初CD化」(6月26日タワレコ限定、次作の「VIVA」も同時発売)

遂にというかやっとというか、大空はるみのソロ作が出ていた。
大空はるみさんと言うよりTANTANと言ったほうが馴染みありますね。
松岡直也、高中正義ほかのアルバムで素敵な歌をうたう「あの声」。

▼全11曲
002_20130723115822.jpg
◆詞… 大空はるみ、安井かずみ、大貫妙子
◆曲… 今井裕、加藤和彦、大貫妙子、大村憲司
◆アレンジ… 清水信之、今井裕、大村憲司
◆プロデュース… 加藤和彦
04、08は加藤和彦のソロ作のカバー。
02はもちろんグレンミラーです。

全編、場末のライブハウスの音がもれてきたようなサウンド。
もろオリジナル・サヴァンナ・バンド風に始まり、中盤まったり、最後は憲司のファンクで決める。
加藤和彦は自身のアルバムで「ヨーロッパ三部作」を完成した時期で、その夢が醒めないうちにさらに昭和初期の香りをブレンド。
セピア色の写真を眺めているようなアルバムになった。

当時のライナーに加藤和彦がこう書いている。
『大空はるみの歌は古いものでもなく、新しいものでもなく、時代の綾が作り出したすてきな織物みたいだ』

大空、安井、大村、加藤がもう逝ってしまった。
大空さんは90年代以降、都内のどこかの学校で歌の先生をされていたらしい。そんなことも知らないうちに98年に亡くなられてしまった。
4曲目「LAZY GIRL(詞:安井かずみ)」がタンタン先生と重なる。
♪『海に人生を教わり、風に歌を習う』
いい先生だったんでしょうね、きっと。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR