プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

デヴィッド・リンチ監督 「ストレイト・ストーリー」

     straight story (1)
「ストレイト・ストーリー」 1999年公開。
主演:リチャード・ファーンズワース

<実話に基づくストーリー>
主人公の名はアルヴィン・ストレイト、73歳。
10年前に仲違いした兄の健康状態が良くないことを知る。
兄に会って和解したいと願う。
でも、兄は560キロも離れた町に住んでいる。車の運転は無理だ。
小型トラクター(写真)なら運転できる。それで行こう。
道中いろんな出会いがあって、どうにか無事に兄と再会を果たす。
二人は満天の星空を静かに見上げる。

   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

感動の話だけど、あまりにも直球勝負な展開にがっかりしたリンチファンも多い。脚本はリンチではないにしても、何故こんなにも義理人情あふれるベタ話を撮ったのか。賛否が分かれた。

そして公開から10年も経って忘れかけていた頃、ひとつの仮説として興味深い解釈が雑誌に載っていた。

<大雑把ですがこんな内容です>
兄と再会を果たす。
しかしその兄は10年前の兄。最後に会った記憶の中の兄の面影。
これまでの出来事は全て主人公アルヴィンが最期に見た幻影。
映画の冒頭、アルヴィンは不吉な物音を立てて倒れてしまう。
生死を彷徨う最期の一瞬に想うこと。
叶うならもう一度・・・その純朴な想いを延々と画く。

   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

こじつけと言えばこじつけです。でもヒネリ過ぎでもない。
そう見た方がすんなりする場面もある。夢と現実の境界線がわからないリンチの諸作を思えば「なるほど」って思えてくる。
そりゃ無いよ的な解釈ではあるけれど、この見方を加味することで魅力が増すことは確かです。
「ストレイトストーリー」というタイトルもなんだか謎めいて見えてくる。
次に観るときは、また新たな発見があるのかも知れません。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR