プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

菊地雅章 「ススト」

susto (2)
菊地雅章 「ススト」 1981年リリース。

「ススト知ってる?」、「ススト聴いた?」、「ススト凄いよ」…なんて、
チョイと違いますよコレは、そんな佇まいでスストは登場した。
「ススト」という言葉の意味はわからなかったけど、南方からの熱風が身体を通り抜けてゆくような響きがあった。

自転車漕いで近所のレコード屋に向かうと、あまり足を踏み入れることのなかったジャズコーナーに「ススト」はありました。
よく言われるマイルス・デイビスの影響云々あたりのことはどうでもいいやと思った。その手の話は面倒くさかったし、どうせよく解らなかった。

全4曲、どのタイトルも実にクール。
 1. サークル/ライン (CIRCLE/LINE)
 2. シティ・スノー (CITY SNOW) 
 3. ガンボ (GUMBO) 
 4. ニュー・ネイティヴ (NEW NATIVE) 

スリリングなジャズファンク「サークル/ライン」で幕を開ける。
「サークル/ライン」は、グルーヴのシャワーを浴びるようなトンデモナイ曲だった。ループするリズムは延々と休むことなく15分間続いた。この曲が好きでこればかり聴いていた。
3曲目の「ガンボ」はレゲエ風で、当時のCMでも流れていたから聴けばわかる方も多いかと。

ジャズ、ロック、クロスオーバー、ワールドミュージック・・・、
どの垣根も取っ払った素晴らしいサウンド、夏向きの1枚。
久しぶりに「ススト」を聴きませんか。
(2013年リマスター盤も出てます)
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR