プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

フェイルーズ 「愛しきベイルート」

001 (1)
FAIROUZ - Li Beirut
フェイルーズ「愛しきベイルート」 日本発売1989年。

フェイルーズ(ファイルーズ)はアラブ最高といわれる歌姫。
80年代、ワールドミュージックが流行ったころ話題になった1枚です。
ずっと聴く機会が無かったんですが、今になってやっと聴きました。
聴く機会ってそのうち来るもんですね。
難しそうにみえたけど、ひと昔前のフュージョンっぽい曲もあったりして、思いのほか聴きやすかったです。

解説によると、フェイルーズは1935年、レバノンの首都ベイルートの生まれ。アラブ諸国では津々浦々までその名は知れ渡っている、という。
フェイルーズという名は芸名だそうですが、とても神秘的で強い意志を感じる名前ですね。宝石のトルコ石という意味もあるそうです。

アルバムタイトルにもなっている『愛しきベイルート』という曲は、スペインの作曲家ホアキン・ロドリーゴの『アランフェス協奏曲第2楽章』の美しいメロディーに詞を付けたもので、聴けば「この曲知ってる」って方も多いことと思います。

アラビア語の歌詞はチンプンカンプンだけど、解説に大意が載ってました。
内戦止まない故郷への想いを歌っています(録音は83年)。
これが素晴らしい歌唱で聴かせます。

   「愛しきベイルート」 Li Beirut (解説より、大意)

  ベイルートよ 
  心から 平和がお前の上にあらんことを
  古い町並や港 そこに住む人々 そして彼らの心
  それらは火と硝煙に消えていった
  ベイルートに 平和が戻らんことを
  ベイルートよ 私の許へ戻っておくれ


「凛と」、という言葉がとても似合う女性です。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR