FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

IN HOAGLAND

in hoagland (1)
IN HOAGLAND 1981年リリース

ホーギー・カーマイケル生前最後の録音として知られるアルバムで、リリースが81年の夏。カーマイケルは同じ年の12月にお亡くなりになった、82歳。
この「IN HOAGLAND」はたまたまレコード盤を持っていて、アルバムの内容はあまり気にかけず、タワレコでこのお洒落なジャケットを一目見てジャケ買いしたのを憶えています。今は貴重盤のようでずんぶんと高値が付いてるようです。

中身はジョージー・フェイム&アニー・ロスがよく知られるカーマイケルお馴染みの名曲をゴージャスにミュージカル風に歌います、というもの。
メインはジョージー・フェイムでプロデュース、アレンジも担当。それまでジョージー・フェイムは名前しか知らず、ここではじめて聴いたようなものでした。
カーマイケルは本日のスペシャルゲストみたいな感じに登場。「ロッキンチェア」をサラッと歌います。終盤にカーマイケル自身による「お話しのコーナー」もあります。
忘れたころに聴くくらいなんですが、忘れないようにそばに置いておきたいと思わせるアルバムのひとつです。

1. The Old Music Master
2. Hong Kong Blues
3. Georgia On My Mind
4. One Morning In May
5. My Resistance Is Low
6. I Get Along Without You Very Well
7. Rockin' Chair
8. Drip Drop
9. Stardust
10. Up A Lazy River
11. Two Sleepy People
12. Hoagy's Help (Spoken)
13. Hoagland

ホーギー・カーマイケル 「スターダスト・ロード」

002_20140910173758923.jpg
ホーギー・カーマイケル(1899-1981年)
「スターダスト・ロード」、2003年リリース。

秋の足音は「スターダスト」とともに…、かなりベタですね。
「スターダスト」を知らない人はいないだろうけど、1927年にホーギーが作曲して、1929年にミッチェル・パリッシュが詞をつけたそう。以後は数々のシンガーに歌い継がれて現在も広く親しまれてますね。
個人的には、78年にウィリー・ネルソンが歌った「スターダスト」をよく聴きました。

さて、そんなホーギーのこのアルバムはデッカ時代の10インチ盤(25センチLP)をCD化したという、趣のある音源です。
収録時間は21分ととても短いのですが、オリジナルにこだわって余計なものを加えなかったのがかえっていい味になっています。

収録曲(録音年)
 1. ホンコン・ブルース(1942)
 2. スターダスト(1942)
 3. ロッキン・チェア(1947)
 4. リヴァーボート・シャッフル(1947)
 5. ジ・オールド・ミュージック・マスター(1942)
 6. ジュディー(1942)
 7. ウォッシュボード・ブルース(1939)
 8. リトル・オールド・レディ(1939)

マーティン・デニーやハリー細野のカバーでもお馴染み、エキゾチックな「香港ブルース」ではじまります。
どの曲もピアノを前に「一曲演ろうか」てな雰囲気で軽く歌ってます。
得意の口笛ももちろん、70年以上前の録音とは思えないくらいノイズは少ないです。

hoagy (1)
▲俳優としても活躍したホーギー。くわえ煙草が似合う。

・・・見えなくても、いつだって空は星でいっぱいです。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR