プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

10cc 『びっくり電話』

10cc.jpg
10cc 『びっくり電話』 1976年リリース。
サスペンスタッチの凝りまくったジャケットはヒプノシス。

誰が決めたか、10ccといえば「アイム・ノット・イン・ラヴ」である。
では一番好きな曲は?、と聞かれれば多くの人はイカしたタイトル「人生は野菜スープ」と答えそう。どちらも75年の『オリジナル・サウンドトラック』に入ってる名曲中の迷曲。
ならばおぬしの一番好きなアルバムは?、と問われると少しばかり迷う。
オリジナルメンバー時代(73年~76年)の4枚はどれも甲乙つけがたい傑作。う~ん、そうだなあ…『シート・ミュージック』かなあ、なんて一番シブそうなのを選んでみたり…。

『びっくり電話』はオリジナルメンバー時代のラストアルバムで、緻密な手工芸品でも観賞してるような高精度なサウンド。実際ほとんど手作りのようで、ヘッドフォンでボリュームを上げると手の込んだ作業が立体的に見えるように聴こえる。
原題は『How Dare You!』。しかしこの『びっくり電話』という邦題もすこぶるいい。深く考えないで適当にやってみたところ上手くいきましたっていう例を挙げるならフロイドの『原子心母』といい勝負。

10cc (1)
クリーム、ゴドレイ、スチュワート、グールドマン。
アルバム制作時はみんな30歳くらい。
町工場の手の感触だけで上手に研磨してしまう腕のいい職人集団。

この時代の10ccはとびきり美味しい食後のデザートみたいにそこにいた。
特にロル・クリームがリードボーカルをとる曲はデザート感覚っぽくて好みでした。と言ってもほかの3人も素晴らしくて、ビートルズならジョージ・ハリスンってな感じに、10ccならクリームかなあと、ぼんやり思ってました。でも誰が欠けても10ccにならないのが10ccですね。

ラストはゴドレイ&クリームの美しくも狂おしい名曲「電話を切らないで」でプッツンと終わって、オリジナル10ccはこれにてお開き。
ほかにも「アイム・マンディ」、「芸術こそ我が命」など太鼓判が押された曲が満載。この頃グループ内はもう二手に分裂してたんだろうけど、その微妙なバランスもいい。
今聴いても見事にこなれたアルバムを連発していた時代の10cc。
40年前の今頃、彼らはこんな音をせっせと作っていたのでした。

10cc 「オリジナル・サウンドトラック」

001 (1)
10cc 「オリジナル・サウンドトラック」 1975年リリース。

メンバー4人全員が作曲出来て、歌えて、プロデュースもやる。
料理のシェフっぽいなと思っていた。4人の持ってる食材をあれこれ組み合わせて、そこに魔法の調味料をパラパラっと振りかけて、マネの出来ないおいしい料理を創作する。

名盤紹介に必ず出てくる本作。架空のサウンドトラック。
「アイム・ノット・イン・ラヴ」や「人生は野菜スープ」が有名だけど、この頃の10ccはつまらない曲はひとつもない。
ラストを飾る「フィルム・オブ・マイ・ラヴ」は、ショーンコネリー版007がひと仕事終えた後の出来すぎロマンスの趣。ゴドレイ&クリームのセンス溢れる佳曲です。

70年代後半に初来日。細かいことは忘れてしまったけど、レコードと寸分変わらないという前評判通りの音。
「アイム・ノット・イン・ラヴ」でゆっくりゆっくりフェードアウトして終わった時、誰も拍手しなかったのを覚えている。舞い上がって拍手のタイミング逃しちゃったんですね。エリックが小さい声で「サンキュー」って言ってくれて、やっと「ふぅ~」って溜息と拍手につつまれました。 
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR