プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ロバート・パーマー 「プライド」

005 (1)
ロバート・パーマー「プライド」 1983年リリース。

2003年、54歳という若さで突然に他界してしまったロバート・パーマーだけど、そんなに早く逝ってしまうなんて思いもしなかった。心臓発作といわれてるけど今もはっきりしない。

日本では85年の「Addicted To Love(恋におぼれて)」のビデオクリップで一気に知名度が上がった。あのマネキンのような美女を侍らせて歌うイメージが強いけど、デビューから知ってる人はこれを見たとき「なんだかなあ」って一歩引いてしまうところもあった。
あのドヤ顔だけでウンザリって人も多いと思うけど、「こうゆうのやってみたかったんだよね」ってところでしょうか。根っから凝り性な人だし。

ソロデビューは74年。
生まれはイギリス(ヨークシャー)。幼いころ故郷を離れ、少年時代は異文化が交叉するマルタ島で過ごす。このことは後のワールド・ミュージックへの傾倒を思うと興味深い。
10代の頃からソウルやレゲエ、カリプソあたりは相当マニアックに聴きこんでいたようで、デビューアルバムはニューオーリンズに渡り、ミーターズやリトルフィートと共演してる。この頃のは今聴いてもカッコいい。
面白いところではトーキングヘッズの「リメイン・イン・ライト」でパーカッションの一人としてクレジットがある。

写真の「プライド」は8作目。
ソウルにテクノ、ファンク、ワールド・ミュージックをブレンドした傑作。今聴くとシンセの音がさすがに古いけど、この80年代っぽさも魅力。
一曲目のタイトルナンバー「プライド」はノリのいいエスニックなトロピカルソングで、ロバートの粋なセンスがよくわかる。
歌詞は、「フィジカル」のヒットで人気再熱のオリビア・ニュートンジョンを名指しでおちょくってる。
  ♪Hey Olivia Newton-John  What you say?

ビシッとした暑苦しいスーツ姿より、今はマルタ島を走る少年のイメージ。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR