プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

久保田麻琴 『On The Border』

kubota1 (1)
久保田麻琴『On The Border』 2000年リリース。

「ハリー&マック」の翌年にリリースされた「マック」のソロ。
トラベラー(久保田麻琴)がウッドストック~ケージャン~ニューオーリンズを行く。これだけで音の雰囲気が伝わってくるかと思います。
程よくシブく、程よく軽く、程よく明るい、大人の夏休みのようなリラックスした好盤です。

オリジナルとカバーが半々。ヴァン・ダイク・パークスの『ディスカバー・アメリカ』に入ってた「Occapella」、ジミー・クリフも歌った「I Can See Clearly Now」、同時期のティンパンの「Bon Temps Rouler」、あがた森魚の「Mezcal」等々、いかにもマック好みの曲がぞろぞろ。路上で見かけたインディオの少年が演奏するアコーディオンの現地録音まである。

kubota.jpg

そんな中でも東京ローカル・ホンクの木下弦二さんが書いた「遠い願い」。これがちょっとグッとくるなんともいい味わい。
この曲のメンバーがまた良くて、ザ・バンドのリヴォン・ヘルムとガース・ハドソン、加えてラヴィン・スプーンフルのジョン・セバスチャンがいる。詞だけ読んでると重たく感じるけど、音はウッドストックの匂いプンプン。リヴォンのタイコが好きな方は必聴。やってくれます。

  「遠い願い」  詞・曲 木下弦二

遠い遠い 僕の願いが
少しずつ 近づいてゆけば
それだけでなぜ それだけでなぜ
君を泣かせるのか 泣かせるのか

遠い遠い 声を聞こうと
少しずつ 近づいてゆけば
それだけでなぜ それだけでなぜ
君は悲しむのか 悲しむのか

心を導く 星たちの暮らす
やさしい闇が 僕らに降りる
それさえもなぜ それさえもなぜ
君は恐がるのか 恐がるのか
君は悲しむのか 悲しむのか


古い写真を1枚(1978年頃)、左から、マック、リヴォン、ハリー。
mac (1)

ショナ族のムビラ

ムビラ (1)
ショナ族のムビラ(2)/アフリカン・ミュージックの真髄  
ノンサッチ・レーベル(録音:1977年)。

80~90年代にかけて、ワールドミュージックが流行りました。
といってもワールドの領域があまりに広く深く、ほんの浅瀬でチャプチャプするくらいしかできませんでしたが。それでもイロイロな音楽をアレコレ聴いてみるってのはイイコトだなと思いました。

写真のアルバムは最近聴いたワールドな1枚です。
アフリカ大陸の南方、ジンバブエに出向いてムビラ(カリンバ)の生演奏を現地録音したもの。
ムビラは親指ピアノとも言われる素朴な音色の楽器です。いろいろな形状があり、指で弾く弁は多いものは50本程もあるそう。

以前、民族楽器奏者のサカキマンゴーさんのコンサートに行った際にムビラの解説があって、内部に蜘蛛の卵膜を仕込むらしいんです。そうすることでノイズが混じったような音が「ブォン、ブォ~ン」と共鳴していい味が出るそうです。

で、このアルバムから聴こえてくるのは、自然で作り込みのほとんど無い風通しのいい音楽。
草原を歩いているとムビラの音が聞こえてきた、しばしの間、聴かせてもらうことにした、…そんな感じ。
基本パターンは延々と刻むリズムの反復と、それに呼応する「声」。
この声が「言語」なのか「声」そのものなのか、意味があるのか無いのか、哀しいのか嬉しいのか、よくわかりませんがその土地由来の独特なものです。

しかしこのアルバムの冒頭の曲を聴いてチョイと驚きました。
「あれっ…、どこかで聴いたことのあるメロディー…」
「あっ、これ…、ペンギン・カフェ・オーケストラだよ」
曲名は、"Cutting Branches for a Temporary Shelter"
ペンギン・カフェの日本デビュー盤にトラディショナルミュージックとして収録されていた曲だった。

そうか、ペンギン・カフェのサイモン・ジェフスはこれを聴いたんだ…、いや、聴いたのはこのアルバムではないかも知れないけど、録音時期を照らすとコレかなと思います。
ショナ族からペンギン・カフェへ…、なにやら長年の謎がひとつ解けたような大袈裟な気分になりました。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR