プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ブリンズリー・シュウォーツ 『HENS' TEETH』

hens teeth (1)
ブリンズリー・シュウォーツ 『HENS' TEETH』 98年編集盤。

ニック・ロウ初期のレア音源をまとめた1枚。
邦題は『アーリー・ワークス・オブ・ニック・ロウ』。
このバンドはあまり知らなかったのですが、ニック・ロウが在籍していたということで「ヘェ~」と思って図書館で借りてきたものです。
全22曲、レア音源集ということですがお馴染みのビートルズナンバーもアレコレやってます。ニックロウいわく「恥ずかしくていまさら世に出せないよ」というものも含んでるらしいけど、とてもポップでゴキゲンなアルバムです。もう廃盤みたいですが。

ところで話は変わりますが、たまにウォーキングなるものをやってます。「たまに」というのは、空模様と気分次第で時間もまちまちです。
信号とアップダウンの少ない3kmの近所一周コース。服装も本格的なランニングウェアではなく、くたびれたTシャツと短パンスタイル。
煙草もサイフも持ちませんが自販機用にポケットにジャラ銭を。チャリンチャリン鳴ってます。
途中に川も海も見えませんが、遠くに稜線がうっすら見えます。山と向き合って禅問答ならいけるかもしれません。

で、ここでの課題は歩きながら何を聴こうかなのです。音楽など要らないという硬派なウォークもいいのですが、聴きながらの方が幾分ピッチが上がるような、たぶん気のせいですがそんな気がします。
かと言ってこれぞロックの王道みたいな名盤は似合わないし、前置きの長いもったいぶった名曲もいただけません。とりあえず歩調に合いそうな曲を適当に選んでジョギング用のウォークマンに入れてます。
普段聴いてる親しみのある曲よりも、いままでスルーしていた曲の方が意外にいい感じに聴こえるのが新鮮です。ずっと苦手でありましたカーペンターズの「There's a kind of hush」あたりは何故かしっくりきます。
もちろんこのブリンズリーのアルバムからも何曲かウォークマンに入れました。せーので一発録りしたようなラフな演奏がいい。遠くでヒグラシも歌ってます。

007ドクター・ノオ(サントラ盤)

007_20170813133634f6e.jpg
007シリーズ第一作、ドクター・ノオ(サントラ盤)。

近所の中古盤店で、全品100円の投げ売りワゴンを漁って見つけた1枚。
この手のやつは、聴いてみたいと思っていても定価ではなかなか手が出ません。なので「もってけドロボー」的に展開している処分品を見つけたときが「買い時」です。まあレトロなジャケットだけでも100円の価値あり、なんて思ってますが…。

2分前後の短い曲が18曲。あのテーマ曲でカッコよくはじまりますが、ドクター・ノオの舞台がジャマイカってこともあってか、全編とても南国ムードがいっぱいです。古いラジオから流れてくるような楽園トロピカルな曲ばかりで「こんなだったっけ?」なんて思いながらも気に入って聴いてます。このアルバムの収録曲が実際に映画の中で流れていたかどうかはあやしいところですが、そのへんの細かいことはわりとどうでもいい感じで聴けます。

邦題は『007は殺しの番号』、日本公開は63年6月だったそう。
ショーン・コネリーは1930年生まれというから撮影時はまだ32歳かな、もっとオヤジに見えました。今でもショーン・コネリーが出てるよっていわれると観たくなる、カッコいい俳優ですね。
お隣のべっぴんさんは初代ボンドガールのウルスラ・アンドレス(ハニー・ライダー)。

ウォーカー・ブラザーズ/Gala(ベスト)

gala 1
ウォーカー・ブラザーズ/Gala(ベスト)、1986年編集盤。

マイブーム的にウォーカー・ブラザーズが気になって初期(65~67年)のベスト盤を聴きなおしてます。
当時の熱狂ぶりは知らないけど、日本でもビートルズと並ぶアイドルグループとして大人気。68年には(もう解散していたにもかかわらず)武道館ほか全国5つの会場でサヨナラ公演をやったそう。

ベスト盤はいろいろ出てるようですが、写真のは16曲入り。
「ダンス天国」「孤独の太陽」「涙でさようなら」「心に秘めた想い」ほか主なものはだいたい入ってるのかなと思います。
気分で選ぶ今日の1曲なら、
「太陽はもう輝かない」(The Sun Ain't Gonna Shine Anymore)
フィル・スペクターっぽいサウンドにスコット・ウォーカーの低く太い歌声は暑くけだるい夏にいい感じに鳴ってます。

   ---------------------------------------------------------

もう一枚、こちらは入手困難で持ってないのですが、78年再結成時のアルバム『ナイト・フライツ』
初期のウォーカー・ブラザーズとはまったく変貌した刺激的なサウンドで、当時イーノが惚れまくってボウイにも聴かせたという(タイトルナンバーは後にボウイがカバーしてる)。
    nite flights (1)
『ナイト・フライツ』はYouTubeに丸ごとアップされてます。でも以前からCD欲しいなと思って、安価なやつを見つけたら買おうと思ってます、なかなか出会えませんが。
昔のハードボイルド映画のポスターみたいなジャケットがカッコいい。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR