FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

『ジャック・マイヨールの海と夢』

sea.jpg
『ジャック・マイヨールの海と夢』(現在廃盤と思います)。
1994年リリース

「陸にあがったイルカ」、ジャック・マイヨール(1927~2001)。世界で最も有名なフリーダイバー。
88年の映画「グラン・ブルー」のモデルにもなり、一気に知名度が上がった。少年時代を佐賀県の海で過ごしたりと、日本と縁が深く千葉の館山には別荘があったそう。

このアルバムはジャックのドキュメンタリービデオのサントラで、音楽をジョン・ルーリーがやってます。
ジョン・ルーリーは80年代からミュージシャンとして「ラウンジ・リザーズ」、俳優として「ストレンジャー・ザン・パラダイス」など、多才でイカした男でした。

CDは24のセクションに分かれていて、素潜りの邪魔にならない質素で素朴な曲が16曲、ジャックの語りが5編、ジャックの1分ほどのハーモニカ演奏がひとつ、それとクジラさんが二度お出ましになります。
「マイヨール、ルーリー&ホエール」という顔合わせがとてもいいのですが、サウンドイメージのようなアルバムなので、どれも慎ましく潮の流れに身をまかせているような一風変わったBGMです。

ジャック・マイヨールの語りより「Freedom」
青い海の深みの先に広い空間がある
わたしの求める自由がある
ほんのしばらくの自由だが、それがわたしには大事
地上ではすべてががんじがらめに管理されている
それに比べれば海の中は自由だ


90年代頃にエッセイを出版した際、新宿の書店でサイン会をやっていた。いま思うとサインもらっておきたかったなと…。
クジラが遊ぶ大海原には行けそうにないので、部屋いっぱいにクジラの声(歌か会話か)を鳴らしてみました。なかなかいいもんです。

ニーノ・ロータ 「ベスト・オブ・ニーノ・ロータ」

nino rota
ベスト・オブ・ニーノ・ロータ  1999年編集盤

ニーノ・ロータ(1911~1979)、イタリアの作曲家。
母方が音楽系だったらしく、8歳で作曲をはじめて15歳の時にはオペラを作曲。本業はクラシックで、映画音楽は副業ではじめたという。
…と言いながらも、生涯に関わった映画音楽は150本にも及ぶ。なので国外では映画音楽作家として有名になっちゃった…。

 ニーノ・ロータ、12歳(Wikipediaより)  
 NinoRota1923 (1)

このアルバムは没後20年にリリースされた2枚組ベスト。
収録曲は細かく分けると50曲で、全てオリジナル・サウンドトラック。
でもベスト盤とうたいながら、定番の「太陽がいっぱい」も「ロミオとジュリエット」も入ってません。版権等の理由もあったらしく、フェリーニとヴィスコンティの作品を中心にまとめたというシブい選曲です。

なのでベストと呼ぶには少々無理がありますが、よく言えばそのへんが無いことで、かえって統一感が出てるように思います。
フェリーニにとってニーノ・ロータがどれだけ大切な友であったか。そのことに焦点を絞った感じです。

<収録曲>
フェリーニ作品から33曲
 1. 甘い生活(1959) 5曲
 2. 8 1/2(1963) 6曲
 3. 魂のジュリエッタ(1965) 7曲
 4. フェリーニのアマルコルド(1973) 4曲
 5. カサノバ(1976) 5曲
……ここまでがDisc1……
 6. オーケストラ・リハーサル(1979) 5曲
 7. 崖(1955) 1曲
ヴィスコンティ作品から13曲
 8. 若者のすべて(1960) 5曲
 9. 山猫(1963) 8曲
マリオ・モニチェリ作品から4曲
 10.我らの時代の英雄(1955) 4曲

これをBGMに流せば、いつもの見慣れた風景もフェリーニのカメラワークのように見えちゃう、かもしれません。
-----------------------------------------------------------------
それとちょっと関連した本を一冊…
harry.jpg
「映画を聴きましょう」 細野晴臣著
初版:2017年11月15日、キネマ旬報社発行

細野さんが「キネマ旬報」に隔号連載していた映画音楽の話をまとめたもの(300頁ほど)。これがとても面白かった。
数々の古い映画音楽とその作者(もちろんニーノ・ロータも)の話が中心ですが、少年細野くん時代のクスッと笑ってしまう思い出話もちらほら。
細野さん近作のバックグラウンドの一端がチラッと見えてくるような楽しいエッセイです。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR