FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

イノヤマランド 「DANZINDAN-POJIDON」

イノヤマ
イノヤマランド 「DANZINDAN-POJIDON」1983年リリース
メンバー(全作曲):井上誠、山下康

80年代からアンビエントをやってるユニット、イノヤマランドの35年前のファースト「ダンジンダン・ポジドン」が、この夏に再発された。
プロデュースはYMOではやることやっちゃった頃の細野さん。

アンビエントな電子音に和みのあるメロディーとニューウェーブをミックス。ジャケットのイメージそのまま、天気図がゆっくりと移動するような、高い空を遊泳してるような透明感ある音世界。今の時代ならドローンで撮影した大自然のBGMにもピッタリ。

イノヤマランドは本格的なヒーリングミュージックもやってますが、このデビュー作はそれほど眠気を誘うものではなく、景色や季節が移り変わるように、さまざまな風景を想像できる10曲。
ちょっとだけイーノを意識したような曲も。

最近は日本より海外で人気が高まってるようで、80年代のはじめにこんなことをやっていた、ということがとてもユニーク。人工衛星みたいに地球をぐるぐる廻って、いま聴いても古さは感じません。
細野さんのアイデアで水を張った水槽にマイクを仕込んで録音したりと、アナログな実験も盛り込まれているそう。

ミヒャエル・ローター 『クロニクル 1』

rother_2018101113084961f.jpg
ミヒャエル・ローター『クロニクル 1』 1998年編集盤。

ローターは、80年代のニューウェーブに絶大な影響を与えたジャーマンロックバンド「ノイ!」のギター、キーボーディスト。それ以前には初期のクラフトワークのサブメンバーだったこともあるそう。
70年代からソロアルバムは何枚も出てますが、そこいらのCDショップではなかなかお目にかかれない。ネットではけっこうな高値が付いているものも(YouTubeにはいろいろとアップされてます)。

このアルバムは77年~87年までのベスト盤で(ローターのベストなんて代物が存在することも信じ難いのですが)、主だった曲は収録されてるみたいです。
全12曲70分のオールインスト。基本はシンプルな反復ビートにアンビエントを導入したエレクトロミュージック。クラフトワークもそうですが、機械的でありながら実はすごく人間くさいところが魅力です。

一度聴いたら脳裏に刷り込まれてゆくような、聴き流せるようで流せない、眠くなりそうでならない、此処ではない何処かに連れて行ってくれるような浮遊感のある曲が並んでます。夜空を眺める旅人たちみたいな曲が多いけど、くり返し聴くとどの曲にもストレンジな感覚が宿っています。

ハンマービートの本家「ノイ!」に比べ、ずっと軽く楽に聴ける。
初期の作品群はヤキ・リーベツァイト、コニー・プランクが参加。
いつ聴いても古くなく新しくもない、秋の夜長に似合う不思議盤です。

rother.jpg
ミヒャエル・ローターさん、猫好きらしい。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR