FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

葡萄畑 『葡萄畑』

葡萄畑 1st (1)
葡萄畑 『葡萄畑』 1974年リリース
ジャケット:矢吹申彦

風の便りで平成も最終コーナーを回ったらしいと聞いておりますが、昭和に戻ってしまうような44年前の葡萄畑のファーストなど聴いています。

一般に葡萄畑というと英国モダンポップ系の楽曲を強引に引用して、やりたいことは全部やっちゃった感のあるセカンド『スローモーション』が有名ですが、このファーストは音楽性はそれとはまったく別物でありながら、こっちはこっちで捨てがたく、必聴の名盤というほど大袈裟なものではありませんが、70年代日本のロックの中でも隠れた良作のひとつと思います。

♪土のにおいのする田舎へ行こうよ~、そんな黄昏の歌ではじまる10曲。
全般にフォーク・カントリー色の強いアルバムで、夕日に向って走る少年たちのシルエットみたいな曲が並んでます。
押しつけがましい疲れる曲はひとつも無く、日常をスケッチしたような曲ばかり。とてもリラックスして今でも気分よく聴けるアルバムです。
演奏はザ・バンドやライ・クーダー風だったりで、それ系が好きな方はアレコレ楽しめます。この頃は小坂忠さんのバックバンドもしてたそう。

同時代のはっぴいえんど、はちみつぱい、夕焼け楽団あたりの名盤群の中ではいつも埋もれてしまいがちですが、サウンドはとても似ています。マンドリンやアコーディオンなど当時のバンドがあまり使わない音色も。
「ぶどう」を漢字で書けるようになったのは葡萄畑がいたからでした。

細野晴臣 『銀河鉄道の夜』

銀河鉄道
細野晴臣『銀河鉄道の夜』 1985年リリース

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』のアニメ映画のサントラ盤。
今、手元にあるのは音源データだけで詳しいことはよくわかりませんが、『銀河鉄道の夜』は多くの細野ファンが推すサントラの傑作。
タイタニック号に関する運命的な巡り合わせも話題に。

ストーリーはご存知のとおりで、アニメ版のジョバンニらは猫に姿を変えて描かれていました。声優としても登場する常田富士男さんがエンドロールで賢治の詩を詠みます。常田さん、とても好きな俳優でした。
アニメ自体とても丁寧に作られた作品ですが、細野さんの音楽が抜群の効果を上げてます。

このサントラ盤はさそり座の見える夏の夜空がお似合いかもしれませんが、秋冬の星空の中でもなかなかイケます。
明るく楽しい曲は特にないのですが、かといって暗くもなく、イメージ膨らむBGMとして聴くのもいいです。

人気は今も衰えないようで、この12月に未発表音源等を追加した2枚組の特別版がリリースされるそう。こちらも気になるところです。
harry hosono (1)
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR