FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

IN HOAGLAND

in hoagland (1)
IN HOAGLAND 1981年リリース

ホーギー・カーマイケル生前最後の録音として知られるアルバムで、リリースが81年の夏。カーマイケルは同じ年の12月にお亡くなりになった、82歳。
この「IN HOAGLAND」はたまたまレコード盤を持っていて、アルバムの内容はあまり気にかけず、タワレコでこのお洒落なジャケットを一目見てジャケ買いしたのを憶えています。今は貴重盤のようでずんぶんと高値が付いてるようです。

中身はジョージー・フェイム&アニー・ロスがよく知られるカーマイケルお馴染みの名曲をゴージャスにミュージカル風に歌います、というもの。
メインはジョージー・フェイムでプロデュース、アレンジも担当。それまでジョージー・フェイムは名前しか知らず、ここではじめて聴いたようなものでした。
カーマイケルは本日のスペシャルゲストみたいな感じに登場。「ロッキンチェア」をサラッと歌います。終盤にカーマイケル自身による「お話しのコーナー」もあります。
忘れたころに聴くくらいなんですが、忘れないようにそばに置いておきたいと思わせるアルバムのひとつです。

1. The Old Music Master
2. Hong Kong Blues
3. Georgia On My Mind
4. One Morning In May
5. My Resistance Is Low
6. I Get Along Without You Very Well
7. Rockin' Chair
8. Drip Drop
9. Stardust
10. Up A Lazy River
11. Two Sleepy People
12. Hoagy's Help (Spoken)
13. Hoagland

スリッツ 「Cut」

cut (1)
スリッツ 「Cut」 1979年リリース。

もう40年も前のアルバム。「Cut」はレゲエ・ダブに影響を受けた女性パンクバンド、スリッツのデビュー作で最高傑作。
B級ホラーのような衝撃的なジャケ。このイメージが強烈すぎてリリース当時はパスして聴いてませんでした。なのでずっと後追いでの愛聴盤、…いや、愛聴ってほどでもありませんが…、でも何時聴いても文句無しにカッコ良く、こんなこと言うと引っ掻かれそうですが、とても明るく健康的で微笑ましい。自然に囲まれたスタジオで制作されたというのもなるほどと頷けます。

プロデュースはレゲエのみに留まらず、ニューウェイヴ界でも一目置かれた大親分デニス・ボーヴェル。
ほとんど舵取りはデニスのセンスにお任せだったと思われますが、みんなで和気あいあい、只今仲良く合宿中みたいな雰囲気がいい。
ボーナストラックでシングルB面に収録されたマーヴィン・ゲイの「悲しいうわさ」が入ってて、これまたとてもいいカバーです。

ボーカルのアリ・アップは若くして人生を駆け抜けてしまったけれど、自由奔放という言葉がこれほど似合うアルバムは探してもなかなか見つからないと思います。
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR