FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ハルモニア&イーノ'76 『トラックス・アンド・トレイシズ』

HE (1)
ハルモニア&イーノ'76 『トラックス・アンド・トレイシズ』 
長くお蔵入りだった音源で、97年に初CD化、2009年に未発表音源(3曲)を加えて再発。

ジャーマンエレクトロバンド、ハルモニアとイーノのコラボ。
ハルモニアは二人組のエレクトロバンド(クラスター)にノイ!のミヒャエルローターが加入したバンド。そこに好奇心旺盛なイーノがやってきた。
音はだいたい想像通りで、牧歌的で浮遊感あるミニマルなサウンドスケープが展開される。

ジャッケットにあるように制作は1976年。76年というあたりが興味深く、イーノは二大傑作『Another Green World』と『Before and After Science』の間、77年のデヴィッドボウイ『LOW』のキーパーソンとしての参加もたぶん決まっていた頃。

アルバムは全12曲、歌はほんの少々。ほとんど即興的に作業を進めたらしい。実験音楽のような素材を集めた感じの曲がぞろぞろ。途中眠くなりそうなところもありますが、そこを通り過ぎるとまた別の風景が現れるような64分。

2年ほど前にイギリスの大手新聞ガーディアン誌で、「イーノのベストソングTOP10」というユニークな記事が掲載された。
イーノの楽曲から10曲選ぶなんてさして重要ではないことと承知の上で、かつ選者の気分次第とも思えますが、これがなかなか個性的なベスト10で、そこでこのアルバム冒頭の「Welcome」が何故か選ばれてました。

ティンパンアレー 『イエロー・マジック・カーニバル』

ymc (1)
ティンパンアレー『イエロー・マジック・カーニバル』1980年リリース

ティンパンアレー系(細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆、佐藤博)の楽曲をセレクトして、小林克也さんのDJでつないだ企画盤。
ずっと未聴でしたが、最近はじめて聴きました。

<曲目>
【A面】イエローマジックカーニバル~北京ダック~絹街道~蝶々さん~香港ブルース~“Sayonara”,The Japanese Farewell Song
【B面】チャタヌガチューチュー~砂の女~ソバカスのある少女~1000ワットの恋人~ジャクソン~Hong Kong Night Sight

前半は細野さん、後半は鈴木さんから松任谷さんへ。聴き馴染んだ曲ばかりで特に発見はありませんが、そこに小林克也さんの名調子が加わります。
DJ小林氏の声が曲にかぶさりながら進む構成が面白く、いきなり70年代にタイムスリップして当時のFM放送をそのまんま聞いてるような雰囲気。クルマで流すBGMとしても良さげな選曲です。
ラストはユーミンも後にカバーした「Hong Kong Night Sight」でオシャレにお開き。(YouTubeに46分フルでアップされてました)

さてところで、毎年恒例となった3月の大瀧デーにいよいよライブ音源の登場となりました(初回限定盤はCD+DVD)。
こっちはまだ聴いてないのですが、もうしばらくは「聴かない楽しみ」みたいにとっておこうかなと。
音、けっこういいらしいですね。
niagara (1)
検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR