FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

マウイ島の詩人、W.S.マーウィン

001 (1)
柴田元幸編集、雑誌「MONKEY」第5号より。

「MONKEY」はとても丁寧に作られたカタログ風の文芸誌。
毎号読んでるわけじゃないけど、季刊誌なのかなコレ、忘れた頃に出る。
寝る前なんかにパラパラ眺めるのに丁度いいかも。

編集の柴田元幸さんの本業は翻訳家。
柴田さんの名前は音楽雑誌でも見かける。好きな洋楽の第1位にキンクスの「ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ」を挙げていた。そういう人です、ってどんな人だか。

さて、そんな雑誌「MONKEY」でW.S.マーウィンという詩人を紹介している。マーウィンさんのことはこの雑誌ではじめて知りました。
1927年ニューヨークの生まれ、70年代頃からハワイ(マウイ島)に移り住む。そこで熱帯雨林を育て、そして詩を創作してる。

17篇の訳詩が掲載されていて、その中に「椰子」という詩がありました。
さらっとした椰子の気分が少しわかったような気がしましたよ。

「MONKEY」より転載。

     椰 子 (W.S.マーウィン、訳:柴田元幸)

  椰子は急がない
  変わろうとあせったりしない
  椰子はゆっくり育つ
  椰子になるすべを知っている
  種だったときは
  椰子の種になるすべを知っていた
  花だったときは
  椰子の花になるすべを知っていた
  椰子になると ゆっくり
  育った
  目もなしに
  潮風の中で


merwin3 (1)
W.S.マーウィン、愛犬と。

背の高いヤシはいい、
「急がない、変わろうとあせったりしない」からね。

COMMENT

こんにちは

あせらず迷わず、自分らしさを忘れずに…。
沁みますねぇ。
マーウィンさんと自然の同化を感じる詩ですね。
あのジョージハリスンも愛した島、マウイ。
何かスピリチュアルな魅力を感じます。
一度は行ってみたい!

Hiloさん、こんにちは

ジョージが別荘持っていたんですね、いいなあ。
ところでもうアロハの季節ですね。自分も先週の日曜、吉祥寺をブラついて武蔵野文庫でカレー食べてました。

お~っと

武蔵野文庫のカレーですか!
美味しいですよね~。
最近行ってないんで、人の話を聞くと食べたくなってきました。
とりあえず、遠いマウイより近くの武蔵野文庫。
行ってきます!(笑)。

Hiloさん、どうもです

うん、ぜひカレー食べに行ってください。
武蔵野のマスター、OCOSITEのTシャツ着てたんですよ、それがおかしかったです、お似合いでしたけど。どうでもいい情報でしたね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR