プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

『不死蝶 岸田森』

001 (2)
『不死蝶 岸田森』(編者:小幡貴一、小幡友貴) 
2000年6月、ワイズ出版発行。

岸田 森(きしだ しん)、1939-1982。

このところ、日曜の夜更けは東京MXテレビで放映してる『ウルトラQ』と『怪奇大作戦』を見てます。
なつかしさよりも当時の制作スタッフがいかに斬新でユニークなセンスの持ち主だったかがわかる。好きな人には堪らない1時間ですね。

で、『怪奇大作戦』を見ているうちに、岸田森さんのことをもっと知りたいと思ったんです。
岸田森さんは82年、43歳という若さで食道がんで惜しくもお亡くなりになった、超がつく個性派俳優でした。
『怪奇大作戦』の第25話「京都買います」は今も語り草になってますね。
多くの人にはなんと言っても74年~75年の人気ドラマ『傷だらけの天使』の辰巳五郎役。おもしろおかしいシリアスな怪演は楽しかった。

そんな岸田森さんがこの世を去って18年経った2000年に出版されたのが『不死蝶 岸田森』。今になって読みました。
岸田さんは蝶が好きだったんです、だからこのタイトル。

これは泣ける本です。いや、泣きはしないけど、泣けてくるような話がたくさん出てきます。
とことんやさしくあたたかで面倒見がよくておしゃべりで、でもナイーブで寂しがり屋な森ちゃん(愛称)の素顔がいっぱい。
読んでいると「森ちゃん」って呼びたくなります。
役者仲間から慕われる人柄がフワフワと伝わってきました。
冒頭に森ちゃんの七変化級の貴重な写真を30ページに渡って掲載、それを眺めてるだけでも編者の愛情が滲み出てます。
『傷だらけの天使』共演者のみなさんほか、縁の方たちが「森ちゃんのこと」を話してる。数々のエピソード、そしてあまりに大きな穴が開いてしまったこと、これには胸が熱くなりました。

   002 (1)

お酒も大好き、酒の席が盛り上がってない時は「歌いますよ」って言って歌うこともあったそう。戦後のヒット曲『星の流れに』が十八番。
それが歌じゃなくて「台詞」にしちゃう。すごかったそうです。

『不死蝶 岸田森』、これはシビレる一冊です。

COMMENT

No title

岸田森さんいいですよね。日本人最高のドラキュラ俳優さんです。怪奇大作戦ももちろん好きでした、作曲家の冬木透先生は何度かおいしています。

岸田さん本当に若かったのですね。自分の年を思うとびっくりです

だちょうさん、こんばんは

「オリエンタル・ドラキュラ」なんて言われてフランスでも上映されたらしいんです。なんかちょっとおもしろいですね。
それとNHKの「野生ふれあいの旅」での岸田さんのリポート、見たことないんですが、これ見たかったなあと今になって思っています。

岸田さん

 私は、帰ってきたウルトラマンが初見でした。以降、松田優作さんの映画、怪奇大作戦と辿り、怪奇大作戦の時に「ああ、テレビ俳優ではなく、アングラ劇団を主宰する筋金入りの舞台俳優なんだな」と感じるようになりました。音楽でも舞台でも、埋もれがちだけれど掘り下げていくと突き当たる事になる超重要人物の人って、魅力的ですよね。

Bach Bachさん、こんばんは

帰ってきたウルトラマンでは脚本も書いていたんです、「光怪獣プリズ魔」ってやつ、どんなのか知りませんが。
あと演出家として水谷豊のポテトチップのCMなんかもやっていたそうです。
今も元気だったら監督として映画も撮っていたでしょうね、観てみたかったなあ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR