FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ビージーズ 『ベスト・オブ・ビージーズ』

001 (1)
ビージーズ 『ベスト・オブ・ビージーズ』 1969年リリース。

長いことビージーズにはこれっぽっちも興味がなくて、大ヒット映画『サタデー・ナイト・フィーバー』もいまだに観てないです。
ところが、あるとき細野晴臣さんがラジオで(わりと知られた話らしいのですが)、こんな思い出話をしていたんです。
まだ「はっぴいえんど」を結成する前の話、はじめて「細野さんち」にやってきた当時の大瀧詠一の印象はこんな風だったそうです。

『大瀧クンはビージーズみたいな恰好をした使い手で、歌い方がロビン・ギブにそっくりだった』

ロビン・ギブはジャケットの一番左のお兄ちゃん。
「使い手」というのは「やるな、おぬし」ってところでしょうか。今この話を語れる人は細野さんしかいない。それから毎週のように会ってはマニアックなレコード鑑賞会なんかやってたそうです。
この話が面白くて、それじゃあ今さらだけどビージーズ聴こうかなあ、なんて思ったわけです。

で、どうせ聴くならその時代のビージーズがいいなと思って、写真は60年代に出たベスト盤(全12曲)。どこかで聴いた有名なヒット曲がたくさん出てきます。
『サタデー…』は77年頃なので「ステインアライブ」も「愛はきらめきの中に」もミラーボールも登場しません。そこがいい。ディスコ時代のビージーズはどうも苦手で…。

このアルバムはどこで聴くのがいいかな、天気のいい海辺で聴くのもいいかもね、あったかく厚着して。そんな所にわざわざ出向いて、ロビン・ギブが歌う大ヒットナンバー「マサチューセッツ」を聴いてみる。
そう思って聴くとたしかに大瀧詠一にちょっと似てますね。

…クリスマスソングより、ナイアガラソングが聴きたい年の瀬です。

COMMENT

Bee Gees

Poponta です。
ビージーズは耳にその音が今も残っています。
「ニューヨーク炭鉱」「ホリデイ」「ワーズ」「マサチューセッツ」など。Recordは買ったことがないのに何故記憶にあるか、ということは、どれだけラジオでかけられていたかということになります。
レコード店で何度も購入候補には上がるのだが、常に別のバンドのレコードに蹴落とされてしまいました。
ディスコブーム以降の楽曲はまったく別のバンドの曲と認識しています。

なつかしいです

懐かしい。
Bee Geesといえば一般に80年代のインパクトが強いですが、私の世代は、1st.アルバムと映画「小さな恋のメロディ」の「メロディ・フェア」の印象が強くて、popoptaさん同様80年代は別モノという感じですね。
それは、それでいいと思います。

1st.は初期の代表曲がつまったサイケデリックの名作のひとつだと思ってます。

popontaさん、こんにちは

この時代のビージーズはいいですね。
けっこう知ってる曲があるのは仰る通りラジオで聞いてたんでしょうね。
無骨なラジカセはカッコ良かったです。

KSBCさん、こんにちは

このベストを聴いて、サイケな1stも聴いてみたくなりました、良さそうですね。でもその辺のCDショップに売ってないですよね、中古盤でも探してみようかな。

No title

おそらくこのベストに主要曲は入っているはずです。「ニューヨーク炭鉱」とか…。

KSBCさん、どうもです

ホントですね、いま収録曲を見比べてやっとわかりました、1stからけっこう入ってるんですね、どうもありがとうございます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR