プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ブライアン・フェリー 「愚かなり、わが恋」 These Foolish Things

006 (1)
ブライアン・フェリー「愚かなり、わが恋」 1973年リリース。

「むかしはよく聴いたけど、すっかり聴かなくなったなあ」なんて人はけっこう多いような気もしますが…。

ロキシー(フェリー)を知ったのは、第5作『サイレン』を出して一先ず活動を休止していた頃でした。「ロキシーミュージックっていう名前のとにかくカッコいいバンドがいるんだ」ってことを耳にして。
ロック雑誌で確認するとなるほどカッコいい。フェリーもいいのですが脇を固めるフィル・マンザネラとアンディ・マッケイがこれまたカッコよかったのです。「外が明るいうちは聴いちゃいけない」なんて意味深なことも書いてありましたよ。
その頃ロキシーはこんな感じでした。
    country life (1)
英語がわからなくても曲のタイトルはどれもキマッてました。
「リメイク・リモデル」「チャンス・ミーティング」「ドゥ・ザ・ストランド」「マザー・オブ・パール」「アウト・オブ・ザ・ブルー」等々…。
駄作無しと言われるロキシーは、ソロ作も聴いてみたいなあと思わせる魅力がいっぱいでした。

そんなフェリーのソロ第1作『愚かなり、わが恋』は全曲カバー集、といってもオリジナル曲をフェリー流にリメイクしてしまうわけですが。
ボブディランもビーチボーイズもストーンズもビートルズもあり。加えてソウル、モータウン、オールディーズ、スタンダードナンバーあり。
バラエティに富んだ選曲で(少々鬱陶しい)フェリー節が楽しめます。

このアルバムではじめて知った曲も多く、冒頭の「はげしい雨が降る」は良かれ悪しかれディランより先にフェリーを聴いてしまいました。
ラストを飾る「These Foolish Things」というラブソングもこのアルバムで知りました。なので「ポピュラー音楽入門」のように色々な楽曲を教えてくれたアルバムでもありました。

お洒落、粋、ダンディ…はたまた変なオヤジとか…そんな言葉で飾られることが多いけど、それよりもブライアンフェリーはとても楽しいミュージシャン。カッコいいけどいつもどこか面白い。
このアルバムを制作した時は28歳だって。どこから見てもおかしな28歳。
「ロックを楽しくしてくれたミュージシャン」なんてランキングがあったなら、ナンダカンダ言いつつもフェリーは上位に入るんじゃないかな。

COMMENT

お久しぶりです。
大学時代にアルバム"Avalon"が大ヒットしてRoxy Music名義で来日したときにライブを観に行きました。
それまでは、ヤツラは絶対的に粋でかっこいいという先入観にとらわれておりましたが…、生で観たフェリーの動きが妙にギクシャクしてこちらの中のイメージとの落差に驚愕してしまったものです。
でも、全体的に雰囲気は退廃的なヨーロピアンであることに変わりはなかったです。
個人的には、初期の元祖ビジュアル系なエキセントリックな時代が好きです(笑)。

KSBCさん、こんばんは

83年のAvalonツアー、そのライブ私も観に行きました。
場内が暗くなって「India」が鳴り響いて、少し遅れてフェリー登場、…だったと思います。なつかしいですね。
私もロキシーは初期のヘンテコな時代の方が好きなんですが、フィルの新譜が出たりするとやっぱり気になりますね。

No title

These Foolish Thingsをこちらで聴いて懐かしく歌ものだけでなく演奏など色々聴いてました。それで記事にアップしたのはエラ・フィッツジェラルドのですがロッドも歌ってますね。
ブライアンフェリーを知ったのが4年程前、年齢を重ねてアダルトな感じもいいです。

carmencさん、こんばんは

ロッドも歌ってたんですね、知りませんでした。

近年のフェリーではロバートパーマーのJohnny and Maryのカバーをよく聴きました(これはオリジナルのテクノなやつが好きだったので)。
それと、もしアナログレコードを聴く機会がありましたらロキシーの「Avalon」をぜひ。音の奥行きがCDと違うんですよ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR