FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ハーブ・アルパートとティファナ・ブラス 「蜜の味 ~ ビタースウィート・サンバ」

004 (1)
ハーブ・アルパートとティファナ・ブラス
「蜜の味 ~ ビタースウィート・サンバ」1965年リリース。

ハーブ・アルパートは1935年生まれのトランペット吹き。
米国A&Mレコード設立者の一人でもある大御所、今年80歳になります。
写真は4枚目のアルバムで最高傑作と言われる大ヒット作。
当時のヒットチャートを賑やかすほど売れに売れたそうです。
邦題の通り「蜜の味」と「ビタースウィート・サンバ」が入ってます。

アメリカンポップスとメキシコのマリアッチをミックスしたような音楽、という意味合いで「アメリアッチ・サウンド」とも呼ばれる。
ジャズとイージーリスニングがクロスオーバーしたような、軽やかで洒落た和みのあるインスト集。
原題は「Whipped Cream & Other Delights」。
収録曲は「レモンツリー」「バターボール」「ピーナッツ」ほか、全曲とも食品に関するタイトルが付いてる。なのでジャケットのモデルさんが着てる純白のドレスも、よく見るとホイップクリーム。

「ビタースウィート・サンバ」は深夜放送「オールナイトニッポン」のテーマ曲としてもお馴染みですね。作曲はソル・レイク。
1分43秒という短い曲ですが、この音源が欲しくてこのアルバムを手にする方も多いことと思います。
全12曲、シンプルながら味わいある名演奏が並んでいます。
収録時間は29分と短め、なので一気に聴けます(ボーナストラックを追加した盤も出ているようです)。

聴いていると、あの頃のラジオ番組が甦ってきます。
「ビタースウィート・サンバ」が鳴り出すと「ハァイ、ドーモ」なんて糸居五郎さんの名調子を思い浮かべる人は今も少なくないんじゃないでしょうか。

COMMENT

はぁい、どーも

これははるか昔、モノラルLPで手に入れました。
もちろんジャケ買いです(笑)。
本物のホイップクリームだと撮影用ライトの熱で溶けてしまうのでシェイビングフォームで代用したって、どっかの本で読んだ事があります。
内容は今聴いても適度に洒落てて良いですね。
オールナイトニッポンのイメージからか、深夜に聴くと雰囲気バツグンです。

Hiloさん、こんばんは

たしかにホイップクリームじゃ溶けちゃいますね。
もしかしたらクレイジーフォーム(という得体の知れない当時のオモチャ)を使ったのかもしれませんね、Go Go Go & Goes On!

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR