FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

最近買ったCDと、「金沢蓄音器館」のこと。

001_20151031143441533.jpg
最近買ったCD、中古盤で4枚合わせても千円でお釣りがきました。

趣味がバラバラですが…、
ビリー・ホリデイはジャケットのインパクトで、フラーコ・ヒメネスは機会があれば聴きたいなあと思っていて(今回が機会でした)、トーマス・ドルビーは懐かしさで、M(ロビン・スコット)はその場の勢いで。どれもたいした理由じゃありませんが、アコーディオンの名人フラーコおじさんは気持ちのいい演奏でこの中では一番の愛聴盤です。

でもこんな風に節操なく買っていると増える一方です。なのでたまに聴かなくなったCDは(念のためウォークマンに取り込んでから)買取店に持っていくこともあります。
また以前、CDからダウンロードした音源を誤って消去してしまったこともありました。ハタと気付いたときには5000曲ほど消えてました。
ああ無情。手に入れるのはそれなりに時間がかかりますが、消えるのは一瞬のこと。世の中なんて所詮そーゆーものかもしれませんぜ。
しかし不思議なもので、音楽データは消えてもさほど未練が残りませんのです。どの曲が消えたのかも曖昧で、このへんに音楽データの弱みがあるのかもしれませんね。

そんなデジタルな時代の後には、再びアナログがやってきます…たぶん。

少し前ですが、話題の金沢にはじめて行ってきました。
わりとテキトーにぶらついていましたら「金沢蓄音器館」という蓄音器専門のクラシカルな博物館を見つけて、通りすがりに立ち寄ってみました。
館内は貴重な蓄音器が出番を待ってる感じに静かに佇んでいます。
600台(展示は150台ほど)も所蔵しているそう。
初期の蓄音器は電気を使わないゼンマイ式。こりゃ奥が深そうですね。

  037 (1)
ここで「蓄音器聴き比べ」という博識のある解説を交えた実演を毎日行っていて、入館したときは「モナ・リザ」が鳴ってました。
かなりの大音量。ノイズが混じったあたたかい音が耳元で立体的に響く感覚はちょっとしたもの。
こんなのが1台あったら楽しめそうだなと思いましたが、蓄音器にはツマミを回すような一般的なボリュームがありません。自宅で鳴らそうものなら大変なことになりそうです。

金沢といえば「兼六園」でしたが、今は「モナ・リザ」も加えたい気分。
音色の記憶はずっと消えないものですね。

COMMENT

No title

こんにちは。
実はトーマス・ドルビー、最近何気に 気になってるんです。
OGWTのベストDVDにHyperactiveが入ってるんですが、凄いファンキーだったんですよね。当時はエレクトロポップの括りで、余り気に止めてなかったのですが、Dan Hicksをカバーしてたり、中々深い音楽性を持ってたんだなーと、後で気が付いた次第。

yuccalinaさん、こんにちは

このアルバムで「I Scare Myself」やってますね。
方向は異なりますが、トニー・マンスフィールドやグリーン・ガートサイドあたりを最近聴きなおして、その流れでトーマスドルビーも買ってみました。打ち込みの音も昔ほどウンザリしなくなったし、今頃になって「こんなにいいアルバムだったっけ」なんて思ってます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR