プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ポインター・シスターズ 『THAT'S A PLENTY』

003 (2)
ポインター・シスターズ『ザッツ・ア・プレンティ』1974年リリース。

ルース、アニタ、ボニー、ジューンの四姉妹時代のポインターシスターズの名作。このアルバムはセカンドですが、日本ではこれが最初のリリースだったそうです。
レコーディング当時の年齢はルース27歳、アニタ25歳、ボニー23歳、ジューン19歳。

解説によると、姉妹はカリフォルニア州オークランドの生まれ。
父のエルトンと母のサラは黒人の貧民街に住むまずしい牧師さん。
両親の躾は厳しく、小さい頃から映画やダンスは禁止、ラジオでヒット曲を聞くことすら許されなかったそう。
知ってる曲といえば教会の讃美歌だけ。姉妹はこれをモダンなアレンジで歌っちゃって、周囲の信者からヒンシュクを買っていたらしい。
そんな才能が花咲く頃の彼女らをさらに特訓したのが、このアルバムのプロデューサーでもあるデヴィッド・ルビンソン。

003 (1)

『ザッツ・ア・プレンティ』はジャズ寄りの多彩なボードビルミュージックって感じで、大衆音楽っぽい親しみやすさが魅力です。
なかでもバップの名曲「Salt Peanuts」のスリリングな歌と演奏は、当時の彼女たちがいかにずば抜けた実力とセンスを併せ持っていたかがよくわかる。ここでピアノを弾いてるのはハービー・ハンコック。
アニタとボニーが作ったカントリーソング「Fairytale」もいい感じ。この曲は後にエルヴィス・プレスリーがカバーしてる。
ラストは8分を超えるジャズファンクで渋くディープにキメます。

COMMENT

聴いてみます

なるほど、これは良さげですね。
聴いてみます!
僕は同じくデビッド・ルービンソンがプロデュースしたデビューアルバムを持っていまして、アラン・トゥーサン作のスワンプファンク「Yes We Can Can」がとにかくカッコ良くてお気に入りなんですよ。
彼女達は歌の才能ももちろんですが、楽曲やスタッフにも恵まれていましたね。
ファッションもレトロでセンス抜群です。

Hiloさん、こんばんは

うん、ぜひ聴いてみてください、カッコよろしです。
アラン・トゥーサンは先日、ツアーの最中、マドリッドでお亡くなりになってしまいましたね。『サザンナイツ』は大好きなアルバムです。ずいぶん前に生のステージを観ましたが「Yes We Can Can」も演ったと思います。キメた時の笑顔カッコよかったです。

No title

こんばんは。

ポインターシスターズというとスローハンドしか知りませんでしたが、ソルトピーナッツ、カッコいいですね。

バニーマンさん、こんばんは

カッコいいですよね。
このCDは国内盤で、74年リリース当時の中村とうようさんの解説が再録されてます。辛口でお馴染みのとうようさんもここではベタ褒めです。

No title

ポインターシスターズは実力人気もありましたね。
確か1枚アルバムを持っている筈

私の好きなペットのディジー・ガレスピーが作った曲ですね♪

carmencさん、こんばんは

ポインターは特に四姉妹時代が好きです。ソルトピーナッツはガレスピーの原曲に倣ってますよね。

そういえば話変わりますが、先日BSのロックレジェンドっていう音楽番組でフェリーやってましたね。

No title

エエ?そうなんですか?
気付かなかったです〜

良かったですか〜?

carmencさん、こんばんは

デビュー前からLet's Stick Togetherあたりまでの話がメインで面白く見ました。
試行錯誤を繰り返すバンドが多い中で、ロキシーはデビュー当時から既に完成されていたと。These Foolish Thingsはシナトラ、ビングクロスビーの歌い方をちょっと真似てるなんて紹介されてましたね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR