プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

デヴィッド・ボウイ 「ロンドン・ボーイ」~5つの時代

160122_230739.jpg
デヴィッド・ボウイ 『ロンドン・ボーイ』 録音:1966~67年。

先日いつも使ってるパソコンが突然クラッシュしてしまい、修理が終わるまで10日ほどネットが使えない状態でした。ネットがないと困る人も多いことと思いますが、自分にとってはさほど困ることは無かったです。お気に入りのブログが見れないことを除けば。
ネットが見れない分、昔みたいに音楽を聴く時間も増えました。
こんな時期なんでボウイをよく聴きなおしていました。

写真は初期のボウイの編集盤(18曲入り)。
ヒットに恵まれない初々しいフォークロック時代。二十歳前後のころ、でも歌い方はあんまり変わってないですね。
一人芝居みたいな演劇調の曲が多く、その後のモンスター級の数々の名盤と比べてどうこう言う代物ではありませんが。
でもこの男がジギーを作り、ロウを作り、そして今はブラックスターになった。そんなことを思いながら聴いてます。「Little Bombardier」(哀れな砲撃手)なんかすごく好きな歌です。

テレビでも様々にボウイの追悼特番を組んでました。
なかでも抜群によかったのが、BS放送の「ボウイ5つの時代」(2013年、BBC制作)。ボウイの軌跡を追ったドキュメンタリーで、はじめて見ましたがこれは見応えがありました。
特に70年代後半の「ヤングアメリカンズ」から「ベルリン時代」までの尖がった時代の紹介は、カルロス・アロマー、イーノ、フリップらも笑顔で登場して興味深いウラ話が聞けました。
それと職人ドラマー、デニス・デイヴィスがイーノのことを話していて、これがなんとも人間味のある愉快な話しぶりでした。

▼野球帽がお似合い、凄腕デニス・デイヴィス
160125_114014.jpg
『ボウイとの仕事は楽しかったよ、気軽にやれたしさ…、イーノの登場まではね(笑)。イーノは実に面白い男だよ。黒板を持って来たんだぜ、小学校で使うやつだよ…、「なんなんだよ」って思ったけどさ(笑)』

…デニス・デイヴィス本人もかなり面白い男に見えるけど、まあとにかくユニークで腕の立つミュージシャンがボウイ周辺にはたくさんいましたね。

 -----------------------------------------------------------------
(追記)
4月6日、デニス・デイヴィスがお亡くなりになりました。
64歳、がんだった。
デニス・デイヴィスは75年の「ヤングアメリカンズ」から80年の「スケアリー・モンスターズ」まで、7枚のアルバムに参加してる。
最高のドラマーでした、残念です。

COMMENT

No title

こんにちは。
先日、TowerRecordsによった時にBowieの遺作アルバムがかかっていました。
購入しませんでしたが、近作を聴いていないのでそちらのことはわかりませんが、遺作ということもあるのでしょうか、胸に来るものがありました。
巷で言われているように彼からの「最後のメッセージ」だと痛感しました。
あらためて、R.I.P.David Bowie.

Ksbcさん、こんばんは

先日「Blackstar」を買いました。
ここ数週間、昔の名作を聴きなおして、やっぱり新作を聴かなきゃイカンかなあ…なんて思い始めちゃって。
既にYouTube等で聴いてましたが、(うまい言葉が見つかりませんが)もっとちゃんと受けとめておきたいアルバムだな、と思って。
繰り返し聴きたくなる強力なアルバムで、ヒーローズ以来の傑作かなと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR