FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ザ・クリスタルズ 『ベスト・オブ…』

crystals.jpg
ザ・クリスタルズ 『ベスト・オブ…』 1992年編集盤。

今月(3月)は大瀧詠一の32年ぶりのニューアルバムが出るそうで、そんなわけでもないんだけど、クリスタルズです。
60年代前半に活躍したアメリカの女性ボーカルグループ。
で、フィル・スペクターの完全プロデュース。

全19曲、全曲MONO。
MONO録音にこだわったフィル・スペクター。その秘密をこっそりと覗いてるような解説を大瀧さんが楽しそうに書いてます。

解説より転載(一部)。執筆は92年。
解説

…なるほど、スピーカーをどっちか一方だけにして音量を上げる、そんでスピーカーと正対する…大瀧さんこんな風に聴いてたのか…。
それじゃあ準備が整いましたところで、もう一回聴いてみましょう。
クリスタルズで「Da Doo Ron Ron」

COMMENT

クリスタルズの記事の御礼

ポタリング様
大好きなクリスタルズの「ダ・ドゥ・ロンロン」を
取り上げて頂き、感謝・感激です。

○この歌を知ったのは、「ベビーシッター・
アドベンチャー」を観たのがきっかけでした。
大ファンだったエリザベス・シュー様主演作で、
冒頭、彼女が出かける支度をする場面に流れて
いたのでした。

○場面と音楽とがとても良くマッチしていて、
一度聴いてすっかり気に入りました。
(後で、映画の書き下ろしではなく古い歌を
活用したのだと知った次第・・・)

くにたち通りさん、こんばんは

感謝感激なんてとんでもないです(笑)
映画は未見でしたが、YouTubeでオープニングを見てみました。
こんなシーンでクリスタルズが使われていたんですね。

ここで流れるのは、「Then He Kissed Me」(邦題:キッスでダウン)ですが、どちらもこのベストに入ってる名曲中の名曲に違いありませんね。
教えていただきどうもです。

No title

こんばんは
大瀧さん情報ありがとうございます。早速ぽちっとしました。ついでに今夜のソングスも録画予約出来ました。
大瀧さん、曲を提供するとき必ず仮歌を吹き込んで渡していたという話は以前からあって、いくつかは残っているとも聞いていたので、いつかCD化するのではと待っていたので、うれしい限りです。まだ音源はありそうですね。ファン泣かせのCDがまた出そう。達郎のライブでこの間 聞いた「熱き心に」のさわりを聞いて胸が熱くなります。

クリスタルズと関係ない話ですいません。

だちょうさん、こんばんは

ぽちっと…早いですね(笑)。
ソングスの特集は知りませんでした、来週ですね、どうもです。
ニューアルバムは、ロンバケやイーチタイムと同じ、3.21発売。
3月21日という日は、大瀧さんの幼少期の思い出にもつながる縁の日、
…というのを以前、音楽誌で話してました。

「蔵出しパートⅡ」、きっとありそうですね。
毎年3月21日は「Niagara Day」になればいいなあと、勝手に思ってます。

思い込みはこわいと、痛感

ポタリング様
私のコメントにご返事を頂き、
ありがとうございました。

○「ベビーシッターアドベンチャー」で
使われていたのは[ダ・ドゥ・ロン・ロン]では
なくて、[キッスでダウン]だったとのこと。

劇場で観て以来、[ダ・ドゥ・ロン・ロン]だと
信じ込んでいました・・・。記憶違いを訂正して頂き、
ありがとうございました。

くにたち通りさん、こんばんは

どちらも63年の曲で、姉妹のような曲ですね。
記憶違いは、エリザベス・シューがあまりに素敵にチャーミングすぎちゃったせいかもしれませんね。

こんばんはー

僕は同じシリーズのロネッツのベストCDを持ってるのですが、輸入盤なので大滝さんの解説文は初めて読みました。
大滝さんらしい聴き方というか音の捉え方ですね。
そういえば昔、スペクターのステレオ盤のLPって出てましたね。
Back to MONOには反していますが、今となっては、あれはあれで新鮮で良かったかも。
大滝さんのニューアルバムは、ご本人が生きてたらリリースしたのだろうかって複雑な気分にもなりますが、Best Alwaysの時みたいに結局は買っちゃうんだろうな(笑)。

Hiloさん、こんばんは

ロネッツのベスト盤もいいですよね。

ソニーの『DEBUT AGAIN』の特設サイトで、ダイジェスト版で、ほんのちょっぴりですが音源が公開されてますね。
お元気なら世に出ない音源とわかっていても、やっぱり興味津々です。
 ♪北国の~旅の空~
この一節を聴いただけでも、やってくれたなあーと思っちゃいました。

「ベビーシッター・アドベンチャー」と「大災難」

ポタリング様
[曲名の勘違いはエリザベス・シューの
可憐さに惑わされたため]との、フォローの
コメントをありがとうございました。

○「ベビーシッター・アドベンチャー」は、
アメリカ映画得意の[主人公が知らぬ間に巻き込まれていく]
ストーリー。
シュー嬢は、妖しげな一味にも追われる等さんざんな目に合います。
この映画と、「大災難P.T.A.」(スティーブ・マーティン主演)は
[巻き込まれ映画]分野の1、2位を争う傑作だと思います。
[音楽からかけ離れてしまい御免なさい]

くにたち通りさん、こんばんは

「巻き込まれ映画」の紹介、どうもです(笑)。
マーティンは「サボテンブラザース」くらいしか観てませんが、つまらないことを平気でやってるバカバカしさが好きでした。「大災難」も面白そうですね。

Hilo、再び

大滝さんのアルバム、Amazonでポチッとしちゃいました。
ダイジェストの情報、ありがとうございます。
でもダイジェストは聴かずに、楽しみは取っておくことにします。
収録曲を見てみると、「探偵物語」以外はオリジナル作品を持ってるので、CDを手にするまではそれらを聴いてよかな。
クリスタルズと関係ないコメントで失礼しました(笑)。

Hiloさん、こんにちは

ポチッちゃいましたか(笑)、『DEBUT AGAIN』に熱き心を寄せる人は多そうですね。作者ならではの微妙な歌い回しが楽しみです。
これを聴きながら瑞穂~福生あたりを散策したなら、また新たな発見があるかもしれません。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR