FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ニール・ヤング 『トランス』 

young.jpg
ニール・ヤング 『トランス』 1982年リリース。

ニール・ヤングのアルバムは全部を聴いていませんが、初期の名盤『アフター・ザ・ゴールドラッシュ』と『ハーヴェスト』は今もたまに聴いてます。

で、趣はかなり違いますが最近は『トランス』が気分です。ニール・ヤングがテクノをやってる問題作です。
数あるニール・ヤングのアルバムの中でも(たぶん)人気の低いアルバム。
代表作とは言えないだろうし、邪道の一言で片付けるファンも多い。でもこれもまたニール・ヤングである、という好意的な見方も少なくない。

もし北島三郎さんがテクノで「まつり」をやったら「帰ってきて、サブちゃん」と言われるだろうし、八代亜紀さんが耳元でヴォコーダーで歌ったらそれはもう悪夢としか言えない。でもニールはやってのけた。
まあエレポップ全盛の頃だから面白がってやってただけかも知れないけど。

聴けばかなりダサい音だったりするけど、時が経てばダサさも味になる。ニール・ヤングだからこれでいいのだ、と思わせるところが強み。
飛ばしたくなる曲もあることはあるんですが、でも飛ばしません。

全9曲中、6曲をヴォコーダーで歌ってる。
障がいのある次男との心の会話を歌ったと言われる「Transformer Man」、この曲がこのアルバムの主題と思う。それとバッファロー時代の名曲「Mr.Soul」をテクノヴァージョンで再演してる。これは元歌がいいのでテクノでやってもやっぱいい曲ですね。

何をやろうがニール・ヤングはニール・ヤング。まだ聴いてないニールのアルバムがけっこうある。その中に自分にとっての最高傑作が隠れてるんじゃないかと思えてきます。

COMMENT

No title

ご無沙汰してます。
懐かしい、確かに彼がテクノを…ということで非難?が出たアルバムですね。

個人的には、いいんでない…と思ってました。

KSBCさん、こんにちは

当時は賛否否否否否…両論、くらいでしたよね。
クラフトワークやディーボまで聴いてる破天荒なヤング。新しいオモチャをゲットしてすぐ飽きちゃった少年。
これはこれでいいんでないかい、ですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR