プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ロキシー・ミュージック 『カントリーライフ』

country (1)
ロキシー・ミュージック『カントリーライフ』 1974年リリース。

少し前にマツコさんのTV番組で「今の若い人たちはプレスリーを知らない」という話題があって、誇張はあるにしても「当たらずといえども遠からず」ってところなんだろうなあと思いながら見てました。
…ってことはボブ・ディランもキース・リチャーズもボブ・マーリーも「顔は知ってる」くらいですか。プレスリーのファンでもあるブライアン・フェリーなんて「どちら様でしょう?」てなもんですね。

『ま、しょうがないよ、音楽を聴く環境が昔とまるで違うんだし、そんなもんだよ、だいたい目新しい音楽は70年代までで出尽くしたって説もあってね(中略)、ほらあの頃は新譜情報はいち早くラジオで、チューニング合わせて、アンテナの向きはこうで(以下略)』、なんて聞こえてきそう。

まあそんな世ではありますが、久しぶりにロキシーの4作目『カントリーライフ』を聴きました。物議を醸したオーモーレツなジャケットだけど、デビューから出来上がっていたロキシーのヴィジュアル戦略はブレがない。

ファンキーでバラエティに富む、どこか余裕も感じる10曲。
ハードなオープニング「The Thrill of It All」からロキシー色満開。
3曲目の「All I Want Is You」の残響を残しつつ「Out of the Blue」が後方から近づいてくるような、このシームレスに流れるカッコよさは最高にシビれる場面。当時は大きいヘッドフォンでボリュームMAX、このつなぎを聴くのも楽しみの一つでした。
この頃のアルバムを聴くと、ロキシーのドラムはやっぱりポール・トンプソンに一票、と改めて思ったり。

ラストは泥臭いノリがかっこええロキシー流カントリーロック「Prairie Rose」でなぜか遥か遠くの地"TEXAS"を歌い、ロキシーにしては妙に明るくノリノリな終わり方をする。
この頃フェリーと売れっ子モデルのジェリー・ホールはどのくらい接近していたのかわからないけど、もともとジェリーはテキサス出身のカントリーガール。ってことは『カントリーライフ』ってFerryからJerryへの熱いラブコールだったのかなと、そんな風にも聴こえます。

で、この後の恋の行方は…、たぶんあちこちで100万回くらい語られているのでもういいですね。みなさん恋多き人たちなのでした。

COMMENT

まいどです

このあたりの ROXYが自分には一番ツボですから(SIRENまで?)、
なんだか記事全体の雰囲気というか佇まいがとっても嬉しいです!。

とってもパンキッシュでキッチュ、早い話がインチキ臭い怪しさが、Roxy最大の魅力で、そこに端正でクオリティの高い
エディジョブソンの存在が、エグいギャップとなって
堪らない魅力のバンドでしたね。

残念なのは、後年、Avalonのクオリティ、世界観に、
フェリーはすっかり満足してしまって、あの世界に
安住を決め込んで引き蘢ってしまったこと。
何をやってもAvalonの焼き直し…困りましたね!。

pipco1980さん、こんばんは

ドーモです。
この頃のロキシーは格別でした。当時ロキシー熱が高まっちゃって、タイミングよく「ヤングミュージックショー」のストックホルムのやつがあって、これにはやられました。
その後の超豪華なソロ来日も放送してましたよね。この時はフェリーよりクリススペディング、かっこええーって思いましたけど。

Avalon以降は同感です。個々の曲にはいいのもあるんですけどね。先日71歳を迎えたそう。お元気でなによりです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR