プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ダン・ヒックス 『イット・ハプンド・ワン・バイト』

it happend
ダン・ヒックス『イット・ハプンド・ワン・バイト』 1978年リリース

ことし(2016年)は一度や二度は聴いたことがある、というより百度や二百度は聴き親しんだ多くのミュージシャンが続いて逝ってしまいました。
いつまでも若くはないんだ…なんて理解はしているものの…、でもこんな年はなかったですね。

ことしの2月にはダン・ヒックスが亡くなった、74歳。
亡くなったことを知ったのが5月頃で、「そうだったんだ…」としかなかったです。まだまだカッコいい爺様になるもんだと、勝手に思ってました。
何度か来日もして、一度も見に行けなかったけどたくさんの楽しい音楽をありがとう、なんていまさら言ってみたところでなんですが、でも本当に素敵なミュージシャン、まさに粋人でした。
 dan hicks (2)
カントリーとフォークとジャズをミックス。そこにちょいとノスタルジックな女性コーラスを配置して、いい声で歌う。
ヒップでクールなんて言われる洒落っ気ある音楽を聴かせてくれた。
このユニークな音楽の発想は、よく聴いていたグレンミラー楽団の古いレコードからヒントを得たという。

名作も数多い中、一番よく聴いたアルバムは78年の『イット・ハプンド・ワン・バイト』、プロデュースは敏腕トミー・リピューマ。
もともとはアニメ映画のサントラとして制作されたアルバム。なので全編ポップでとぼけた感じの軽いノリが魅力。録音は75年に行われたらしいけど、その後アニメが頓挫しちゃってリリースが遅れたそう。
若いころからおじさん顔のヒックスですが、このアルバム制作時はたぶんまだ33歳であります。

2~3分の短めの曲が13曲、一気に聴いても33分の巻。
ハイウェイをのんびりとドライブするような「CRUIZIN'」でノリ良くはじまる。カバーが1曲、ペリー・コモも歌った名曲「Garden In The Rain」をカバーしてる。あとは全てヒックス作。
楽しくて激シブ、というなかなかマネの出来ないことを軽々とやってます。

カッコいいおじさんのお手本だったダン・ヒックス、聴いてワン。
 dan hicks cow

COMMENT

No title

こんにちは。私は知ったのはThomas Dolby経由でしたが、Last Train to Hicksvileが愛聴盤でした。Cowboy's Dream No.19を聴いて、なんてオシャレなんだと思いました。90年代の初来日ライヴを見逃したのはちょっと後悔してます。

yuccalinaさん、こんばんは

I Scare Myself、Cowboy's Dream No.19、Canned Music…等々、ホントに味ある名曲いっぱいなオッチャンでした。
私はFM放送でIt's not my time to goをエアチェック(古い)したのがきっかけだったんです。で、それが入ってるのが『Last Train to Hicksvile』と知って、芽瑠璃堂(懐かしい)まで買いに行ったという…。
ライブ見たかったですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR