プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

デヴィッド・ボウイ 「ヤング・アメリカンズ」

young_20170119224241336.jpg
デヴィッド・ボウイ 「ヤング・アメリカンズ」 1975年リリース

現在、東京(品川)でデヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』なるものをやってますね。ヘッドホンを付けて「ボウイの世界」を立体的に体感…、電車に揺られて覗きに行こうかなと思いながらも行ってないです。
まあ4月上旬までやってるそうだからそのうちに…、てな感じでいま一つ熱が入らないんですがちょっと気にしてるような曖昧な気分です。

で、今ごろになってけっこう聴きなおしてるのがコレ。
ボウイ流フィリーソウル「ヤング・アメリカンズ」。昔は「ズ」を付けなかったのかな。レコード時代に知人から借りて聴いたのが最初。冒頭のタイトルナンバーがいかしてる。主な楽曲はソウルのメッカ、シグマ・スタジオで録音。たしかボウイ嫌いのロックファンにもそこそこウケたアルバムだったと思う。

この頃のボウイはガリガリの骸骨男。「地球に落ちて来た男」の撮影準備もあったんだろうけどかなり病んでる時代の1枚。中身はソウルありファンクあり、オマケにビートルズのカバーあり。自ら「プラスチック・ソウル」なんて言って、青白いまま人気番組「Soul Train」にも出演。
bowie (1)
オリジナルは全8曲、いま聴くとむかし聴いた印象よりなんかこう理由はわかんないけどいい感じなのです。アクが薄まって聴き心地がマイルドになったような気がして…。

バックは売れっ子になる前のルーサー・ヴァンドロス、デヴィッド・サンボーンほか、後になって豪華な面子が揃っていたことがわかる。またこのアルバムからカルロス・アロマーとデニス・デイヴィスが登場、…そしてジョン・レノンがいる。
バック・ボーカルの一人、ロビン・クラークがこんな回想をしてる。
『Right(4曲目)は難しい曲だった、うまくまとめたのはルーサー・ヴァンドロス、これは大変だった、旋律に合わせて歌うのとは全く違う、まるでパズル、人生で初めての体験だった、でもボウイは求める音を的確に理解していた』…こんな証言を聞くとまた聴きたくなるってやつですね。

同年の秋には大きな転機となる「Station to Station」を制作、そしてアメリカを去りいよいよベルリンへ拠点を移す。

COMMENT

はじめまして

はじめまして。
同じfc2でブログをやっております、ぽめ太郎と申します。
『Young Americans』の記事を興味深く読ませていただきました。
今、改めて「Right」を聴いてみましたところ、そんな難しい曲を、Bowieはさらっと歌っていると再発見した思いです。Bowieの歌の上手さを、世間ではあまり語られて来なかったのは不思議です。
『Young Americans』で一番気に入っているのは、「Across The Universe」だったりします···

ぽめ太郎さん、こんばんは

「Right」のプロモがYouTubeにありますね、スタジオの雰囲気が少しわかって興味深いです。
「Across The Universe」のカバーは当時から賛否がわかれていましたが、私もわりと気に入って聴いてました。本来はジョンらしいインドな歌と思いますが、
Images of broken light which dance before me like a million eyes
なんてボウイの百万の瞳みたいで面白いですね。

No title

ポタリングさま

「Right」のプロモ、早速YouTubeで見てみました。
最高でした。本当に良かったです。
今までBowieがどのように楽曲を制作しているのか、
その過程に興味があったので、その一端を見ることが出来ただけでもたまりませんでした。

元々、この動画の提供者のNacho Videoさんのセンスの良さが好きで登録はしてあり、よく視聴しているのですが、これには気づきませんでした。ポタリングさま、教えてくださりありがとうございました。

いつかこのプロモの感想をブログ記事に出来たら、と思っています。その時はポタリングさまから教えていただいた旨、記事に入れてもよろしいでしょうか?

後これが見られたら、ボウイ展以上!だと思っている、
「Station To Station」のレコーディング風景。
タイムマシーンがあったら、これだけ見れば大満足です。
ステステを偏愛しすぎています。

ぽめ太郎さん、こんばんは

ぽめ太郎さん、ボウイ展行かれたんですね、私も空いてそうな頃に見てこようと思ってます。

「Station To Station」は私も好きで、うまく言えませんが破壊と創造が同時進行してるようなアンバランスなバランスが魅力かなと思います(何言ってんだかわかりませんね)。
「Low」が出たころ、今度のボウイはスゴイ変わったと言われてましたが、サウンド面で大きく変わったのは実は「Station To Station」からだった、ということが後になって分かってくる、そんな感じだったと思います。

記事に入れていただいても、そうでなくても、それはどっちでもかまいませんよ、「さま」はいりませんが(笑)。

No title

ポタリングさま

ありがとうございます。
こちらの記事のリンクも貼らせていただくかもしれません。
Bowieを聴き始めてやっと1年、語ることはおこがましいと思いながら語ってます···。いつか記事にさせていただきます。

ボウイ展行きました。どうぞ、私の愚痴っぽい記事は忘れて先入観なしで観に行ってみてください。
出来たら感想もブログでアップしてくださいね。



ぽめ太郎さん、こんばんは

BOWIE、たくさん語ってください、
ボウイ展は一時だけでも10代の頃の気分で観れたらとてもいいんだけどなあと思ってます。

No title

ポタリングさま

またまたお邪魔してすみません(汗)。
こだわり屋の性格の為、いいかげんポタリングさまに怒られそうなので、これで最後にしておきます。

今日ボウイ展、2回目行ってきました。
ブログ記事を書く上で参考になればと、興味あることは全てメモしました。
で、1回目完全に見落としていたことが。

『Young Americans』のレコーディングプランについて、ボウイがトニー・ヴィスコンティに宛てた手紙、「Right」についてのプラン、バッキングボーカルのチャート、「Win」リリック等···全て原本です!

ポタリングさまの記事を読んでいたことで、『Young Americans』の展示物についての理解がより一層深まりました。感謝です。

ステステのボツになったリリックもメモしました。

是非、ポタリングさま、ボウイ展に足をお運びください。
本当に余計なお世話ですみません。
ありがとうございました。

ぽめ太郎さん、こんばんは

楽しいコメ、並びに余計なお世話などありがとうございます、面白かったです。ぽめ太郎さんの並々ならぬステステ愛もほんの少しかもしれませんが理解できたつもりでいます。
ボウイ展、それぞれの視点で見逃せないポイントが散らばってそうですね。
ぽめ太郎さんはあと何回行けば気が済むんでしょう(笑)。

ブログ記事アップしました

お邪魔します···
2月27日付けの弊ブログ記事にて、
ポタリングさまのブログトップ、及びこちらの記事のリンクを貼らせていただきました。ありがとうございました。

何か気になる箇所がございましたら、お知らせください。
取り急ぎご報告まで。
ありがとうございました。

ぽめ太郎さん、こんばんは

ぽめ太郎さんのブログ、
Dancing with an Angel.にお邪魔しました、
ありがとうございます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR