プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

リー・リトナー 『キャプテン・フィンガーズ』

captain.jpg
リー・リトナー『キャプテン・フィンガーズ』 1977年リリース。

「そうだ、フュージョン聴こう」と思って、にわかフュージョンブームなこの頃です。
70年代後半に流行ってましたね、フュージョン。
FMから流れてきたやつをカセットに録ったり、レコードも数枚買いました。雑誌ポパイが創刊されたのもその頃で、カリフォルニアだ、UCLAだ、ナイキ履いてジョギングしよう、そんなアメリカ文化への憧れみたいなノリも手伝って、そこのスタジオミュージシャンは凄腕揃いで…、そんな極めて薄っぺらいフュージョンの聴き方でしたけど。

ところが同じころに個性的なニューウェイブのみなさんが次々に登場して、フュージョンはアッという間にどこかへ吹き飛んでしまいました。
ターンテーブルはいつもニューウェイブ勢が占領しました。
そんなわけで中途半端な記憶しかないフュージョンです。

で、いま再び聴こうにも手持ちにフュージョン系はほとんどなかったので、早速図書館に出向きました。「有名なフュージョンありますか」という安直で深みのない画策です。何を借りようか、多少なり知ってる曲が入ってる方がいいだろうなと思って70年代のリー・リトナーやクルセイダーズあたりを適当に選びました。

写真はリー・リトナー25歳の『キャプテン・フィンガーズ』。
参加メンバーはハーヴィー・メイソン、デイヴ・グルーシン、アンソニー・ジャクソン、アーニー・ワッツ、パトリース・ラッシェン等々、有名どころの名プレイヤーがずらり並んでます。
一曲目のタイトルナンバーは聴くまでどんな曲か思い出せませんでしたが、聴いてみると「あっこれか」ってな感じです。

いまどきこの手の古いフュージョンを聴いてるのはちょいと時代とズレてる気もします。でも「雨のち初夏の陽気」みたいな季節にアナログなフュージョンは「夏の予告」みたいにも聞こえます。
懐かしい夏が帰ってくるような、そんな気分です。

COMMENT

まいどです

ウーム…状況は全く同じですね…。
フュージョンとニューウェーヴじゃあ、たぶんそれぞれが
対極!って感じですけど、うるさ方の音楽好きは、
嫌が応もなくNWに怒濤のように流れ込んでいるのに、
FMとか、この国のメディアは、そうした潮目変わりに
全く対応できない様子が、なんとも可笑しかったです。



pipco1980さん、こんばんは

当時はクラフトワークもチャックマンジョーネも聴くような…もうめちゃくちゃでした。

NWは面白かったですね、話題のバンドはタイミングよく来日して、ナマで見てまた興味持って。チケット代もまだ安かったですよね。
最近はコンサートに足を運ぶこともめっきりなくなりましたが…。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR