FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

遠藤賢司が選ぶ100枚

kenji.jpg
10月25日、遠藤賢司さんが逝ってしまいました。

ちょっと古い音楽雑誌(ROCKS・OFF、2007年発行)ですが、遠藤賢司が選ぶ『オレの100枚』が載ってました。…今日はそれを…

『オレの100枚』は愛聴のアルバムを100枚挙げるというもので、その音楽家のバックグラウンドの一端がちらりと覗ける好企画。インタビュー形式でエンケンの興味深い解説付きです。
そこで選ばれた名誉ある100枚がこれ。
文字が読めませんがジャケットだけでも。(並びは五十音順)
あ

こ

た

に

ほ

エンケンらしい型破りの100枚。
邦画の映画音楽を多く選んでますが、「日本の優れた音楽も聴いてほしい、明らかに軽んじられているんだ、なんといっても景色が見えるのがデカイ、景色が見えない音楽なんてクズみたいなものだから」と話す。

遠藤賢司 不滅の男。
これからもずっと聴き続けることに違いありませんが、残念ですね…。

COMMENT

安らかな眠りを

こんばんは。
遅ればせながら、100枚ちゃんと見てみました、クリムゾンのライブやホークウィンドなど
10枚ほどうちの棚とダブっています。
ただただ背景となった音楽の裾野の広さに驚きです。

改めて、エンケンさんの安らかな眠りをお祈り致します。

KSBCさん、こんばんは

私も10枚あるかないかくらいですね。
エンケンの解説によると、五月みどりとマリアンヌフェイスフルはよく似てるとか、杉良太郎を聴くとデヴィッドシルヴィアンを思い出すとか、広くて深すぎてなんだか笑っちゃいます。
エンケンがいないと寂しいですね。

No title

ほんとに笑ってしまいます。
天国でうたって笑ってしてもらいたいです。

KSBCさん、こんばんは

曰く、「クレイジーキャッツも教科書に載せるべき、早くそんな国になってほしい」…とのこと。
まったくその通りですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR