プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

バート・バカラック 『明日に向って撃て!』

burt.jpg
『明日に向って撃て!』 日本公開1970年
監督:ジョージ・ロイ・ヒル、 音楽:バート・バカラック
ブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)
ザ・サンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード)
エッタ・プレイス(キャサリン・ロス)

B.J.トーマスが歌う挿入歌、誰もが口ずさめる有名なあのフレーズ、
「Raindrops Keep Fallin' On My Head(雨にぬれても)」
もし曲が思い浮かばなくても、聴いた瞬間「あぁコレね」と納得のバカラックお馴染みの名曲。CMでも何度となく使われていましたね。

映画『明日に向って撃て!』は言うまでもなく名画中の名画ですが、このサントラもまたかなりの名盤。
9曲入ってますが通して聴いても27分。同じメロディーがくり返し出てくるので、まとめて1曲みたいにも聴こえます。
この27分で終わってしまうのは短いと言えば短いのですが、でもさらっと終わることが妙に清々しくも思えてくるような実にいい感じの27分です。「雨にぬれても」はインスト含み3回登場します。

『明日に向って撃て!』は大きなスクリーンで観た記憶はないんですが、それでも「The Sundance Kid」「Not Goin' Home Anymore」あたりを聴いていると映画の名シーンと同時に昭和の大衆映画館の匂いみたいなものを思い出します。
昔は小さな駅の裏路地にも映画館がありました。
古い記憶の中にある映画館は薄暗い小屋のよう、小さな売店、少しやわらかい感触のブ厚いドア、使い込まれてギシギシ鳴る丸っこい椅子、左右の壁に寄り掛かる立見客の影。
そんななつかしい情景も一緒に詰まったサウンドトラックです。

kids.jpg
自転車シーンもよかったですね。

COMMENT

誰も知らないでしょうが

これを基にミュージカルを作って公演したことが私はあります。もちろん、失敗作で、話題にもならずに終わりましたが。『ギャングたちは荒野で』という恥ずかしい題名でした。

これと『ワイルド・バンチ』をつないで劇にしたのです。
『明日に向かって撃て』の連中の後日談が『ワイルド・バンチ』なのです。

さすらい日乗さん、こんばんは

ミュージカルのことは、存じませんでした。余計なお世話な勝手な想像ですが独創的すぎたのではないでしょうか。
『ワイルド・バンチ』は私も好きでリバイバル上映時に大スクリーンで観ました。ウィリアム・ホールデンの名科白「Let's Go」は、映画史に残る「Let's Go」と思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR