FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

『細野晴臣 録音術』 鈴木惣一郎 著

録音
『細野晴臣 録音術』 鈴木惣一郎 著 2015年12月発行

細野さんのソロ諸作の録音に携わった7名の裏方さん(エンジニアの方々)のインタビュー集。もちろんみなさん録音のプロ、当時のフォーク、ニューミュージック、ロックの名盤に深くかかわる裏方さん達です。
で、細野さんの宅録デビュー作『ホソノハウス』から近作『ヘブンリー・ミュージック』までの40年に渡る活動の中から11枚の作品について、リリース順に当時を振り返るという構成。大瀧さんの逸話もチラホラ出てきます。
インタビュアーは全て鈴木惣一郎さん。

録音に関する技術的なノウハウはわかりませんが、エンジニアになったきっかけ、当時の音楽業界、細野さん(または細野ちゃん)との出会いみたいなざっくばらんとした話が楽しい。みなさんいかにも職人気質なサバサバした話しぶりで、読むとまた旧作から順に聴きなおしたくなります。
また、細野さん自身も各アルバムの思い出を語っていて、技術屋と音楽家のそれぞれの話がリンクして面白く読めます。
一般の音楽本には載らないような資料や写真も豊富。

そんな中でハリーが語る『泰安洋行』から一部を抜粋させていただきます…。
『泰安洋行』の中でも特に「ルーチューガンボ」は予想を超えた仕上がりになったそうで、鈴木さんが「佐藤博さんとの出会いも大きかったんじゃないですか」と伺うと、
td.jpg
「何ができるかではなく、何ができないかで、物事は決まる」と。

余談ですが、文中に出てくるリンダ・キャリエールのアルバムは、ティンパンアレイ系の豪華な顔ぶれが揃うごった煮AOR(らしい)で、完成後にお蔵入りに。今も「聴きたいなあ」とファンが待ち望む1枚。
YouTubeにその幻のアルバムから「Love Celebration」ほか数曲がアップされてます。

COMMENT

まいどです

リンダ・カリエール!何十年ぶりかで聞いたその名前!
記憶がメラメラと蘇ってきましたねえ...確か坂本龍一さんのラジオで
ちらっと聴いて、もう居ても立ってもいられなかったけれど
そのうちすっかり忘れてしまって、今に至るって....
ああ、びっくりした!
で、YouTube...便利だな後は思うけれど、なんだか焼けボックリ状態...で、さて困ったなって感じです。
それにしてもALFAかあ...ちょいとややこしい筋の会社の
所有ですね....ウーム...無理だなこれは!。

何しろ有り難うございました。少し聴けただけでもLuckeyと
思わなくっちゃね!!

pipco1980さん、こんばんは

私もYouTubeで見つけたときは「えぇーあるんだ~」と驚きました。

以前から「泰安洋行」から「はらいそ」への変化がいま一つわからなかったんですが、細野さんによると、
『「はらいそ」にはスタッフみたいなニューヨークの感覚が入ってる』って話してて、なるほどと思いました。YMOも最初はフュージョンでしたからね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR