FC2ブログ
プロフィール

ポタリング

Author:ポタリング
少し古い70年代頃のロック中心のブログです。
リンクフリーです。

ありがとうございます
最新トラックバック

ドゥルッティ・コラム 『LC』

lc.jpg
ドゥルッティ・コラム 『LC』 1981年リリース

水彩画のようなドゥルッティ・コラムのセカンド。
1曲目のタイトルからして「夜明けのスケッチ」。
傑作ということではファースト『The Return of The Durutti Column』に分があると思いますが、この『LC』も負けず劣らずで2枚合わせて聴くのもいい。
基本ギターインストアルバムですが何曲かで地味に歌ってる。
タイトルの『LC』には政治的な意味合いがあるそう、でも前作に比べて明るく開放的で聴きやすい。

スピーカーから音が流れるというよりは、こぼれ落ちてくる感じ。解説ではこのサウンドを「生き物ぽい」と表現してる。
風にゆらゆら揺らぐ木の葉みたいに、今にも散りそうな繊細極まる曲のオンパレードでありながら、やってることは紛れもないパンク。しかもラジカルでありながら質素。加えてとても郷愁的。古い記憶の懐かしい風景をぼんやりと思い出すような独特の世界。

ミンミンゼミというよりはヒグラシ、赤トンボというよりは蜉蝣ぽい。
なにを書いているのかわからなくなってきましたが、少し寂しさの残る夏の終わりに似合う名作です。

COMMENT

なつかしい

ご無沙汰してます。
学生時代にアルバイトをしていた新星堂(ディスク・イン)で輸入盤に日本語のオブなどつけて強力プッシュで扱ってました。
伝説のファーストのオリジナル版(紙やすりジャケット)は手にしたことはないですが、4枚目までは買いましたね。
それに、最初の来日公演は行きました。
ヴィニは、おとなしめな人でブルースは陽気なおじさんってな感じでした。

夏の終わり…そうですね。そろそろ涼しくなって欲しいところです。
それまで、これを聴くのもいいかもしれませんね。

KSBCさん、こんばんは

私は1stとコレしか持ってないのですが、昔はずいぶんとヒリヒリする感じの楽曲ばかりだなあと思っていましたが、今はそれよりも懐かしさみたいなものが上回って、理由も無く不意に聴きたくなるアルバムです。
ヴィニのコンサート、貴重ですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
QRコード
QR